フィットネス業界に特化した総合サービス未経験採用、全国の学校選び、集客ツール

BLOG

整体師になるには?整体師までの3ステップを紹介します

さて、今回は整体師で働くにはどうしたら良いかというテーマでお送りします。昨今の健康ブームで、フィットネスやストレッチ等の健康テーマの内容が増えてきました。様々な捉え方もありますが今回は整体師にフォーカスを絞ってお伝えします。

1)そもそも整体師とは?

では、そもそも整体師とはなんぞやという話になります。整体師とは手技を用いた民間療法であり代替医療として用いられてきた治療法です。これは、アメリカから入ってきたオステオパシーやカイロプラクティックといった確立された治療法です。

今は、整骨院というお店が多い事から、整骨院=整体というイメージを持たれる方も多いでしょう。なので、根本的にこの両者は違います。ただし、整骨院を開くには、柔道整復師という国家資格を取得しなければいけません。柔道整復師の基本的な仕事は「骨接ぎ」を差しており骨折や打撲などの急性的な痛みに対して処置することを指します。

昔の整骨院(20年前)は整形外科の先生と同じように、急性的な患者さんにテーピングや脱臼を整復して対応しています。しかし、今は皆さんが思われているように、ちょっとマッサージをしてくれるお店というイメージが強いでしょう。中には柔道整復師の資格を持って整体師として働いている方も多くいます。

話を戻しますが、整体師になるために特別な資格は必須ではありません。もちろん学校やスクールで学び、技術があれば働くことも出来ます。

2)整体師になるために必要な3つのステップ

整体師 仕事

さて、では整体師になるために必要な3つのステップをお伝えします。

STEP1:学校を探す

これは、至ってシンプルです。国家資格を取るためには柔道整復師・鍼灸師・あん摩指圧マッサージ師の学校を探すか、民間の整体スクール若しくはカイロプラクティックセンター・オステオパシーの学校を探します。

これは学校によって、何年行く必要があるのか?また、金額も違ってきます。(なお、国家資格は最低3年は必要です。)学校によっては体験入学や説明会もあるので、ここはきちんと話を聞く事をお勧めします。

学校によっては、直営の店舗を持っているケースもあります。そのままそこで働ける可能性もあります。

STEP2:学校へ通う

2つ目のステップは先ほど上げた学校の中から、どの方向の学校へ行くか決めます。後はそこで勉強です。民間の学校は座学と実技のバランスが取れているので実際の現場で活用できる手技が学べます。

STEP3:働き口を探す

さて、3つ目のステップは働き口を探します。この点は学校を利用して下さい。学校の先生のコネクションや学校には多くの就職に関しての情報が集まります。先生が働きやすい環境を知っているケースも多く、学校に集まる就職に関する情報を活用する事をお勧めします。

3)整体師ってどんな仕事なの?

では、整体師ってどんな仕事をするのでしょうか?基本的には自らの手を用いて、患者さんの不快と思っている部分にアプローチします。各分野(カイロプラクティック・オステオパシーなど)では様々な経験と臨床により、このようなケースにはこのようにアプローチするといった経験則の蓄積が大切です。

蓄積された経験則を患者さんのケースに当てはめながら症状の改善を図っていきます。もちろん、全てがそのケースに当てはまる訳ではないので、試行錯誤が必要です。この仕事の喜びは、最初は悩んでいた患者さんの痛みを自らの掌で改善し、最終的に笑顔で患者さんが帰っていく事。これに尽きるのではないでしょうか。

4)整体師の主な仕事先・仕事の仕方を3つ紹介

整体師 仕事

先ほどの整体師になるための3つのステップをお伝えしましたが、整体師として働く主な仕事先は以下になります。

・整骨院で勤務する

・保険を使わない完全自費治療院で勤務する

・カイロプラクティックやオステオパシーの治療院で働く

の3つになるでしょう。

今は様々な形態で出店しているお店もあります。先ほどの3つを全て網羅したようなお店もあり、中々一つに絞るのは難しいです。

また、この業界では「雇われて勤務する・勤務して業務委託で働く・独立する」の3つしか働き方はありません。傾向としては比較的にこの業界は独立がしやすい傾向があります。そして独立するには、昔から言われているように先ずは勤務して仕事のルールを覚えます。そこから、自らの考え方で技術を磨く。最後に自分オリジナルの方法を身に着けます。もちろん、必ず独立する必要はありません。勤め先で勤務する事も必要です。

5)ぶっちゃけ整体師の給料って?将来性はあるの?

さて、整体師の給料ってどんなものなのでしょうか。これもピンからキリまであり一概には言えませんが、勤務の数年間は20~25万位と思われます。もちろんこの金額よりも下がる場合も上がる場合もあります。

独立する方が稼げる可能性は高いでしょう。この商売は座布団ビジネスと言われるように、決められた席をいかに回して回転率を上げるかと言われます。それは、患者数×患者単価=売上だからです。患者さんを数多く誘導し、患者さんがオプションや物販を購入してくれれば患者単価は上がっていきます。

この仕事では、いかにリピーターを増やすかがポイントです。リピーターと言われる常連さんが増えれば売り上げも安定します。

また将来性という点では、日本国民の数多くが体の不調を訴えるケースが今後高齢化に伴い増得ることが予想されるため、この仕事がなくなる事はないと思います。ただ、ライバルが多いという点と、自らの体力が低下し施術が出来なくなってきた時の対応策は必要です。

この仕事は身体が一つあれば出来てしまうため、新規参入も多いです。この点は自分ではコントロール出来ないので仕方ありませんが、自らの年齢が上がった時の対応を考えておく事は必須です。体力に自信があれば、ずっと施術を続けるのもありです。もし体力的にきついと思われたら教える立場で人に技術を継承することも出来ますし、独立していれば経営側に回り、現場に出る必要もなくなります。

6)整体師デビューへのここは知っておきたい3つの注意点

整体師 仕事

チェック1:セクハラ問題

これは、男性が女性へ施術する際ですが、完全に締め切った部屋で施術を行った場合などに、敢えてセクハラをされたと陥れられるケースもあります。これはセクハラするつもりがなくてもです。最近は聞きませんが、一時期に耳にしました。これを防ぐには、臀部を触る際は「臀部を触りますね」と声掛けや、カーテンで閉め切らないオープンな環境づくりなども必要です。

チェック2:経験歴について

よく整体を受けられる患者さんなどに、この仕事は何年しているのか等聞かれることもあります。その場合、正直に答えすぎると印象がよくないケースもあるため「3年未満です」とかわすのがお勧めです。経験年数でその人を見る患者さんもいるからです。

決して嘘はいけませんが、表現次第で相手の対応も変わってきます。嘘も方便と言いますので、伝え方にも気をつけた方が良いようです。

チェック3:診断してしまう

診断による病名をつけるのは、医師しか出来ません。あくまで、疑いがありますと伝える方が無難です。

カイロプラクティックもアメリカでは国家資格ですが、日本では民間療法です。言い切る事も時に大切ですが、あまりにも断定的な言い方は逆に危険なケースもあります。患者さんは、こちらを先生として見ていますので、後から整形外科での診断を受けて全く別の病名だったりすると信頼問題が損なわれる可能性があるからです。ケースバイケースですが、短絡的に診断名をつけるのはやめておきましょう。

7)整体師に関するQ&A

【Q1】セミナーは出るべき?

セミナーには、出るべきでしょうか?では、どんなセミナーでも良いという訳ではなく自分にとって必要な知識・スキルに絞ったセミナーに参加しましょう。

セミナー自体も何万円もするセミナーもあります。そう思うと、明日からでもすぐに使える技術を身に着けて、患者さんに喜んでもらいリピートしてもらい、セミナー費をペイする方が今後のためになります。

【Q2】異業種交流会は必要?

よく異業種交流会などをSNS上で募集しています。もし人見知りでなければ、参加するべきでしょう。多くの人がどこかしら体の悩みや問題を抱えているからです。話し込んだ人がそのまま患者さんになるというケースもあります。何がきっかけで自らの患者さんが増えるかわからない事を意識しましょう。

【Q3】ポキポキ鳴らすのが整体師ですか?

これは、一概には言えないと思います。ポキポキ鳴るのは関節内の袋が関節を動かす時に気圧の変化で鳴ると言われています。ポキポキ鳴らすことで患者さんが不快に思い、医療事故に発展するケースもあります。治療の中で鳴ってしまうというケースはありますが、意図的に鳴らし続けるのは危険です。

さて、整体師になるには?整体師になるまでの3ステップはいかがでしたか?どうしてもこの業界は様々な資格や色々な派閥があり、分かりにくいです。しかし、患者さんが帰り際に笑顔で帰ってもらえる事に喜びを感じられる人には天職です。是非、貴方も患者さんからの「ありがとう」をたくさんもらえる整体師になって下さい。

【出典】
・wikipepedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B4%E4%BD%93

フィットネス求人に関する無料相談はこちら

フィットネスコンシェルジュでは、フィットネス関連の資格・スクール・就職・転職の無料相談を受け付けています。

キャリアアドバイザーはこれまでに大手パーソナルジムや世界的フィットネスクラブでトレーナーとして働いていたので、現場をよく知っているからできるアドバイスができます。

資格・就職の無料相談はこちら

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka