整体師になるには「就職までの3ステップ」を意識しよう!

昨今の健康ブームで、フィットネスやストレッチ等の健康テーマの内容が増えてきました。

その中でもスポットライトが当たっている整体師として働くにはどうしたら良いのか、3つのステップをご紹介します!

1)整体師は手技を用いた治療を施す仕事

整体師とは手技を用いた民間療法であり、代替医療として用いられてきた治療法を施すことが仕事です。

ちなみに整体師と聞くと東洋のイメージも強いですが、アメリカから入ってきたオステオパシーや、カイロプラクティックなどの治療法も含まれます。

整体師の仕事内容

整体師はお客様の状態をチェックした上で、経験則や知識からどんな施術が最善であるかを決め、それぞれに応じた施術を施します。

お客様の状態は千差万別。試行錯誤を繰り返しながらその技術を磨くわけですが、お客様の痛みを軽減し、笑顔で帰っていただくことに大きな喜びを得られます。

整骨院との違い〜整体師に国家資格は必要ない〜

全国的には多くの整骨院があり、整骨院=整体というイメージを持たれる方も多いでしょう。しかし根本的に、この両者は違います。

整骨院を開くには、柔道整復師という国家資格を取得しなければいけません。柔道整復師の基本的な仕事は「骨接ぎ」を差しており、骨折や打撲などの急性的な痛みに対して処置することを指します。

昔の整骨院(20年前)は整形外科の先生と同じように、患者さんの急性的な怪我や脱臼に対応してきました。

しかし現在では、ちょっとしたマッサージをしてくれるところ、というイメージも根強いです。中には柔道整復師の資格を持って整体師として働いている方も多くいます。

整体師になるために、特別な資格は必須ではありません。もちろん学校やスクールで学び、技術があれば働きやすくなることは確かです。

では、整体師になるためには実際にどんなステップが必要なのでしょうか?3つのステップで説明していきます!

2)整体師になるには?その①自分の学びたい分野を決めよう!

上で書いた通り、整体師というのは全員が同じ技術を持って患者さんをケアしているわけじゃありません。

柔道整復師の知識を生かす人、あん摩マッサージ指圧師の知識を生かす人、カイロプラクティック、アロマエステ、リフレクソロジー、筋膜リリースなどなど。

もちろん、「私は柔道整復師しか使わない!」という整体師はほぼ存在しません。大抵が複数の技術や資格を習得して、整体院など様々な職場で働いています。

数々の資格から、自分がどの施術を勉強したいか、その分野を決めることが大事です。

選び方ですが、どんな技術を学べるかもそうですし、どういう職場で働きやすいかという傾向から選ぶのも有効です。

例えば、柔道整復師はスポーツチームのメディカルトレーナーとして重宝されやすいです。よりトレーナー寄りの資格を取れば、パーソナルトレーナーとしてフリー活動することもできるでしょう。

将来的にどんな業界で働きたいか。そういった未来図も意識して資格を選んでください。

3)整体師になるには?その②整体師の施術を学べる学校を探す

整体師 仕事

整体師には国家資格はありません。しかし関連の知識を学ぶことはとても重要です。施術に関わる国家資格には柔道整復師・鍼灸師・あん摩指圧マッサージ師があります。

こうした資格を勉強できる学校を探すか、民間の整体スクール、カイロプラクティックセンター・オステオパシーを学べる学校を探しましょう。

整体を学ぶ学校は、取得す資格の種類によって選択肢が変わります。

国家資格を取得するなら、大学・専門学校へ行こう

柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師、鍼灸師を目指すなら、大学・専門学校へ通うのは必須です。大学は4年間、専門学校は3年間通うこととなります。

民間資格を取得するなら、団体・協会認定の学校へ行こう!

整体師として働く上で、役に立つ民間資格の種類は膨大にあります。もしもその中から1つを取得するのなら、資格発行団体・協会が認定している学校へ通うことになるでしょう。

通学期間は、半年〜1年ほど。学費も20万円ほどから100万円以上かかるものなど、かなりばらつきがあります。

資格取得にフォーカスするなら、通信講座に通うという手もあり

すでに社会人として働いている方の中には、学校に通う時間がないという人もいるでしょう。

そんな人は、通信講座を活用して資格を取得するという方法もありです。

通信講座は、「自宅学習のみのカリキュラム」と「一部通学が必要なカリキュラム」の2つがあります。もしも現場で活かせる技術を磨くのなら、後者の講座の方がオススメです。

4)整体師になるには?その③求人情報や学校の人事課を活用して、就職・転職する

学校で勉強をし、卒業することとなったら、今度は働き口を探しましょう!

実は就職活動という点でも、学校の存在は大いに役立ちます。学校の人事課や先生がもつコネクションを通じて、就職先を探しやすいからです。

0から自分で探すよりも、学校には有益な情報がたくさん詰まっています。

もちろん、ネット上でも様々な求人情報が掲載されています。その時は、下のような仕事先をイメージして検索していくと、より自分の理想に合った職場が見つかりますよ。

整体師の主な仕事先!整体院・整骨院だけじゃない?

整体師 仕事

整体師の働き口は、主に次の3種類があります。

  • 整骨院
  • 保険を使わない完全自費負担の治療院
  • カイロプラクティック、オステオパシーの治療院

この3つ以外にも、最近ではマッサージサロンやストレッチ専門店など、いくつもの業態の店舗が増えてきました。

そして注目すべきは、整体師の資格や知識は、「トレーナー」「スポーツチームのスタッフ」といった職種に生かしやすいという点です。

町の整体院さんという、整体師ならではの職場以外にも、積極的に求人を探してみてください。

整体師の仕事は、今後ますます注目度が高まっていくことでしょう。健康産業で患者さんやお客様の役に立ちたい!という思いを抱くなら、ぜひ整体師の資格や求人、学校の情報をチェックしてみてください!

また、実は整体師の仕事は、独立のしやすい業種です。「まずは整体院・整骨院などで働きつつ、施術の技術と経営ノウハウを学んで独立する」。という手順を踏む方がたくさんいます。

整体師を目指すなら、将来的な働き方も意識してみるといいでしょう。

資格・就職の無料相談はこちら

 

6)整体師に関するQ&A

【Q1】セミナーは出るべき?

セミナーには、出るべきでしょうか?では、どんなセミナーでも良いという訳ではなく自分にとって必要な知識・スキルに絞ったセミナーに参加しましょう。

セミナー自体も何万円もするセミナーもあります。そう思うと、明日からでもすぐに使える技術を身に着けて、患者さんに喜んでもらいリピートしてもらい、セミナー費をペイする方が今後のためになります。

【Q2】異業種交流会は必要?

よく異業種交流会などをSNS上で募集しています。もし人見知りでなければ、参加するべきでしょう。多くの人がどこかしら体の悩みや問題を抱えているからです。話し込んだ人がそのまま患者さんになるというケースもあります。何がきっかけで自らの患者さんが増えるかわからない事を意識しましょう。

【Q3】ポキポキ鳴らすのが整体師ですか?

これは、一概には言えないと思います。ポキポキ鳴るのは関節内の袋が関節を動かす時に気圧の変化で鳴ると言われています。ポキポキ鳴らすことで患者さんが不快に思い、医療事故に発展するケースもあります。治療の中で鳴ってしまうというケースはありますが、意図的に鳴らし続けるのは危険です。

フィットネス求人に関する無料相談はこちら

フィットネスコンシェルジュでは、フィットネス関連の資格・スクール・就職・転職の無料相談を受け付けています。

キャリアアドバイザーはこれまでに大手パーソナルジムや世界的フィットネスクラブでトレーナーとして働いていたので、現場をよく知っているからできるアドバイスができます。

資格・就職の無料相談はこちら

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka