フィットネス業界に特化した総合サービス未経験採用、全国の学校選び、集客ツール

BLOG

柔道整復師に関連する学校は何を学ぶ所?学校選びで大切な事

柔道整復師になるためには何を学べば良いでしょうか。学校に入ることで、必要なことを学ぶことができます。では、どの学校でも同じことを学べるのでしょうか。どんなタイプの柔道整復師になりたいか目的を持てば、どの様に学校を選べばよいか見えてきます。

1)柔道整復師とはどんな資格?

柔道整復師とは、厚生労働省の国家資格を持って柔道整復術で体の施術を行う事のできる資格です。柔道整復師の資格があると独立開業権を持つことができます。柔道整復術は、伝統的な技術で柔術の活法を基本としています。

骨・関節・筋・腱・靭帯など運動器に加わる急性、亜急性の原因によって発生する骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などの損傷に対して、整復・固定・後療等を行います。特徴として、人間の自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術です。

2)柔道整復師はどんな職業を目指せるの?

インストラクター ストレッチ

整骨院

整骨院・接骨院は、骨折や捻挫などの怪我をした人に対して、物理療法や手技療法、テーピングなどの治療を行い、症状の痛みを軽減させたり、治療したりします。その際に柔道整復術を使って施術します。

スポーツトレーナー

柔道整復術は、もとは柔道選手の治療を目的として発展した技術です。そのため、スポーツ選手の外傷・傷害を素早く回復させることに特化した技術だと言えます。柔道整復師がスポーツトレーナーとなることで、選手の怪我や故障に対応できるスペシャリストになることができます。運動能力を向上させるトレーナー技術を合わせて取得することで、スポーツ選手に無くてはならない存在になることが可能です。

介護・福祉施設職員

介護・福祉施設職員で働くというのも、柔道整復師で目指す職業の一つです。柔道整復師は、人体の構造やしくみ、身体の動きを熟知しているため、入所者の生活などのサポートで柔道整復術の知見を生かすことができます。高齢者になると、加齢とともに身体機能や運動能力が低下します。

そうなると日常的に身体を動かすことが少なくなり、一層の身体機能や運動能力が低下していきます。そこで、柔道整復師が身体機能や運動能力の維持・増進をサポートします。近年では、介護施設で活躍する柔道整復師が増えています。高齢化社会に適した職業だと言えます。

独立開業

柔道整復師は、独立開業権を持つため、独立開業して自ら整骨院などを経営することができます。自身の技術と理念を最大限に発揮して、柔道整復師としての活躍することができる道だと言えます。

3)柔道整復師に関連する学校で学習する代表的な5つのこと

国家試験学習

柔道整復師になるには、国家試験に合格する必要があります。そのために、学校では国家試験合格を目標として、指導と教育サポートが行われます。柔道整復師は、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの怪我の治療が行えます。手技療法や物理療法、運動療法で治療を行います。その治療は、健康保険の対象となります。なお、内科的疾患の対応はできません。

周辺学習

学校では、柔道整復師に関すること以外の学習も行うケースがあります。そうすることで、学校を卒業後すぐに現場で活躍できる実践力を身に付けることができます。更に、幅広い知識や技術の取得を目的とした学習を行うことで、目指せる職業の幅を劇的に広げることができます。

スポーツトレーナー養成学習

スポーツトレーナーは、柔道整復師が目指せる職業の一つです。しかし、単に柔道整復師の資格を持つだけでは、スポーツトレーナーとして活躍するのは難しいでしょう。スポーツの現場についての理解やコンディショニング管理技術を身に付けます。またスポーツトレーナーとして、スポーツ選手をサポートする際に人の体に触れて医療類似行為を行うには、医療系の国家資格が必要であることから、柔道整復師の資格は役に立つと言えます。

鍼灸師の学習

柔道整復師の資格と合わせて、鍼灸師の資格を取るケースも多くあります。鍼灸師は、はり師、きゅう師の2つの資格を指します。はり師・きゅう師・柔道整復師の3つの資格は、専門分野に共通性があるため、効率的な学習が可能です。また、3つの資格を取得すると対応できる領域が広がるため、進路の選択の幅も広がります。学校によっては、柔道整復学科・鍼灸学科を同時に受講する場合に授業料が減免される場合もあります。

臨床学習

学校によっては、整骨院を運営している場合があります。その整骨院で、臨床学習を行うことができる学校もあります。または、学校自体が整骨院を運営していなくても、提携先の整骨院で臨床学習を行うことができる場合もあります。そのような臨床学習ができるかどうかも、学校選びで重要な要素です。

4)注目したいサポート制度

ランニング 森

学校によって様々なサポート制度を設けている場合があります。国家資格に合格するまで、サポートを継続してくれる「国家資格合格保証制度」や、卒業後の就職先決定をサポートしてくれる「完全就職保証制度」を設けている学校もあり、もし不安がある場合にはそのような制度がある学校を選択肢に入れましょう。

また、学費面で心配がある場合には「学費サポート」のある学校を選びましょう。サポート制度を上手に使うことで、不安を減らし、学習に集中できる環境を実現できます。

5)学校での学習ステップ

柔道整復師に関連する学校では、どのようなステップで学習を進めるのでしょうか。一例になりますが、次のように学習を進めて行きます。

まず一年次には、基礎医学と技術を学習します。そこでは、人体の構造やしくみ、身体の動きを学びます。また、柔道整復師が施術する怪我について学習します。その上で、柔道整復の基本的な技術を修得していきます。

二年次になると、応用と実践実技を学習します。ここでは、柔道整復の専門知識全般を学習します。そして、様々な疾病への対処法を学んでいきます。その際には、多角的な学習が必要となります。合わせて施術技術を実践的に修得していきます。

三年次になると総合的な実践力と国家資格合格に向けた学習を行います。実際の柔道整復師施術施設での臨床学習を行います。目指す職業に応じた専攻も学習していきます。加えて、目前に迫る国家試験対策に取り組みます。その後、国家資格に無事合格すれば柔道整復師になれます。

6)柔道整復師に関するその他のQ&A

【Q1】柔道の経験が無くても柔道整復師になれるの?

柔道整復師になるためには、柔道の授業を履修する必要があります。それは、柔道整復師となるために必要な基礎の修得するためです。つまり、柔道整復師になるための学習の一環で、学ぶことができるため、それまで柔道の経験が無くても問題ありません。学校側でも、学習する人の習熟度に合わせて指導します。

【Q2】柔道整復師になるのに年齢は関係ありますか?

柔道整復師は年齢に関係なく目指すことができます。高校卒業後にすぐ目指す人もいれば、定年退職後に、学び始める人もいます。幅広い年齢やバックグランドを持った人たちが、学校の中では一緒に学習することになります。目的を持って学習することで、柔道整復師のための学習に打ち込むことができます。

【Q3】事前に学校の様子を知るにはどうすれば良いでしょうか?

学校説明会で、学校の特色や方針を確認することができます。また学校によって、個別の学校見学やオープンキャンパスを設けている場合もありますので、積極的に活用しましょう。ホームページや口コミで確認できる情報もありますが、在校生や卒業生の声が聞ければ参考になります。

【1】柔道整復師とは、厚生労働省の国家資格を持って柔道整復術で体の施術を行う仕事

【2】柔道整復師は骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの怪我の治療が行える

【3】学校によっては、「国家資格合格保証制度」や「完全就職保証制度」のサポート制度があり

【4】柔道整復師の資格に合わせて鍼灸師の資格を取る場合、専門分野に共通性があり効率的な学習が可能

【5】柔道整復師になるためには、柔道の授業を履修する必要があるが未経験でも問題無い

【参考】
・日本健康医療専門学校(https://www.niken.jp/
・首都医校(https://www.iko.ac.jp/
・全国柔道整復学校協会(http://www.judo-seifuku.or.jp/
・日本医学柔整鍼灸専門学校(https://www.jusei-sinkyu.com/
・中央医療学園専門学校(https://www.chuoh-med.com/
・学校法人花田学園(https://www.hanada.ac.jp/
・東京メディカル・スポーツ専門学校(https://www.tokyo-medical.ac.jp/
・関東柔道整復専門学校(http://www.kanto-jusei.ac.jp/
・スタディサプリ進路(https://shingakunet.com/
・学校法人杏文学園東京柔道整復専門学校(https://www.kyobun.ac.jp/

フィットネス求人に関する無料相談はこちら

フィットネスコンシェルジュでは、フィットネス関連の資格・スクール・就職・転職の無料相談を受け付けています。

キャリアアドバイザーはこれまでに大手パーソナルジムや世界的フィットネスクラブでトレーナーとして働いていたので、現場をよく知っているからできるアドバイスができます。

資格・就職の無料相談はこちら

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka