柔道整復師を活かしてスポーツの現場でできる3つのこと

柔道整復師を活かしてスポーツの現場でできる3つのこと

体を動かすことが好きな人や、スポーツを見るのが好きな人で、スポーツに関わることができる仕事に就くという夢を持つ人は多いです。

スポーツ界で活躍するためには、アスリートとしてだけではなく、アスリートをサポートする立場という選択肢もあります。そこで今回は、アスリートをサポートする側の仕事として柔道整復師についてご紹介します。

1) 柔道整復師とは?

柔道整復師という仕事について、聞きなれない言葉だと感じる人も多いので最初に柔道整復師とはどんなことをするのかということについてご紹介します。

柔道整復師の役割って?

柔道整復師とは、「ほねつぎ」や「接骨師」などで知られている仕事で、骨・関節・腱・靭帯などの外傷を体にメスを入れずに、人間の治癒能力で症状を改善させる治療を行います。資格取得後は、臨床研修を行ったのち「接骨院」や「整骨院」という施術所を開業できます。また病院接骨院などで働くこともできます。

どんな人に向いている仕事?

柔道整復師は、ケガの治療だけではなくケガの予防もしなくてはなりません。ですので、選手のちょっとした変化にも気付けるように相手をよく観察できる人に向いています。また、選手との信頼関係も必要ですので、コミュニケーション能力が必要となります。

自分から話すのが苦手であっても、相手の話をよく聞き、理解することができれば相手との信頼関係を築けるので、普段から人の話をよく聞くことを心掛けていきましょう。

2) 柔道整復師の資格取得方法とは?

お腹 マッサージ

柔道整復師の仕事についてご紹介しましたが、柔道整復師の仕事をするためには資格を取得する必要があります。今度は柔道整復師の資格の取得方法についてご紹介します。

柔道整復師の資格とは?

柔道整復師の資格は、国家資格です。国家試験を受けて合格することで厚生労働大臣免許の柔道整復師となることができるのです。国家資格なので、資格を持っているとかなり有利ですし、周囲からの需要は高いですが、その分難易度も高くなります。

 資格取得条件

柔道整復師は、高校卒業後に厚生労働省が認可した専門の養成施設で3年間学ぶか、文科省が認可した4年制大学で基礎科目と臨床系専門科目を履修する必要があります。

 履修科目について

柔道整復師は、専門の養成機関で3年間、もしくは4年制大学で必要な知識を学んでいる必要があります。必要な知識とは、基礎科目と、臨床系専門科目を履修することで得ることができます。

(1) 基礎科目
最初にご紹介するのは、基礎科目についてです。基礎科目には以下のカリキュラムが含まれています。
・解剖学
・生理学
・運動学
・病理学
・衛生学

(2) 臨床系専門科目
次にご紹介するのは、臨床系専門科目についてです。臨床系専門科目では以下のカリキュラムが含まれています。
・柔道整復実技
・関係法規
・外科学
・リハビリテーション学

試験実施方法

柔道整復師は先ほどからご紹介しているように、国家資格です。毎年3月上旬に試験を実施しています。平成31年は3月3日に実施予定です。ここでは、柔道整復師の試験の実施方法についてご紹介します。

(1)試験科目
柔道整復師の試験科目は以下の通りです。
・解剖学
・生理学
・運動学
・病理学概論
・衛生学
・公衆衛生学
・一般臨床医学
・外科学概論
・整形外科学
・リハビリテーション医学
・柔道整復理論及び関係法規

さすが国家資格というだけあって範囲も広いので難易度も高いです。

(2)試験方法
試験は筆記試験により行われます。筆記試験は、北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県にて開催されます。

合格発表について

試験後、3月下旬に厚生労働省にその受験地及び受験番号を掲示し、公益財団法人柔道整復研修試験財団のホームページでも確認することができます。平成31年は3月26日に発表予定です。

3) 資格の取得後の代表的な働き方4つ

おじいさん 散歩

柔道整復師の資格取得方法が分かったところで、今度は柔道整復師の資格取得後の代表的な働き方についてご紹介します。

タイプ1:病院・接骨院・整骨院のスタッフ

柔道整復師の勤務先としては最も多いのが、病院診療所の整形外科やリハビリテーション科整骨院接骨院があげられます。また、整骨院などで数年間経験を積んでから独立して開業する人も多いです。

タイプ2:機能訓練指導員

機能訓練指導員として働く柔道整復師も多いです。機能訓練指導員とは、病院や介護・福祉施設で、身体の機能の維持向上などを目的として訓練を行なう役割があります。機能訓練指導員は、柔道整復師や理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、看護職員の資格を有する人しかできない仕事です。

特に近年は、高齢化社会で平均寿命も延びつつあり「人生100年時代」なんて言われるようになっていますので、老後に要介護とならないように、身体の機能維持の需要が高まりつつあるので、柔道整復師は重要な役割を持っています。

タイプ3:ケアマネージャー

柔道整復師から機能訓練指導員を目指す人も多いのですが、デメリットとしてあげられるのが、柔道整復師から機能訓練指導員を目指すと、理学療法士や作業療法士よりも年収が少なくなってしまうということです。柔道整復師として、年収面でも能力面でもスキルアップを目指したいなら、ケアマネージャー(介護支援専門員)を目指すのがおすすめです。

タイプ4:スポーツの現場ではどんな風に働く?

そして、ここからは今回のメインとも言える柔道整復師がスポーツでどのように活躍できるかという話をしていきます。柔道整復師は、骨・関節・腱・靭帯などの外傷を体にメスを入れずに、人間の治癒能力で症状を改善させる治療を行います。

スポーツをするアスリートには、ケガがつきものです。ですが、自分で納得のいくパフォーマンスを発揮するためにはケガの予防、ケガした時にできるだけ早く治す術を知ることが大切です。メスを入れての治療法もありますが、手術ともなるとどうしても完治までに時間がかかり、体にも負担がかかります。そこで活躍するのが、スポーツトレーナーとしてアスリートをサポートする柔道整復師です。

4)スポーツの世界で活躍する柔道整復師の仕事って?

スポーツの世界に限らず、さまざまな場所で活躍できる可能性を持ってる柔道整復師という仕事ですが、スポーツ界でアスリートたちのサポートをしたいと考えている人も多いです。ここでは、スポーツの世界で活躍する柔道整復師の仕事について詳しくご紹介します。

現場での応急処置

スポーツ選手は、競技の練習中や試合中に骨折・脱臼や捻挫・打撲・挫傷・肉離れなどのケガをするリスクを常に抱えていることが多いです。そして、ケガをした時に適切な応急処置ができなければ、選手復帰が遅くなったり、ひどい時には選手生命が終わってしまうこともあります。

選手がケガした時に、柔道整復師が最も適切な応急処置の仕方を考え、できるだけ選手が早く復帰できるようにすることがスポーツトレーナーとして働く柔道整復師の最大の役割です。

各選手に合わせたケガの治療

応急処置が終わったら柔道整復師の仕事は終わりというわけではありません。そのあとの治療にも柔道整復師が深く関わっていくことになり、各選手に合った治療法を施すことも仕事です。

現場復帰までのサポートと復帰後の予防

ケガの治療中は、思うように練習ができず精神的に焦ってしまう選手が多いです。自分が治療している間にも強力なライバルたちが力をつけているのでは、と考えると不安になるのは当然です。柔道整復師は、メンタルトレーナーではありませんが普段から選手と信頼関係を築き、治療だけではなく治療中の精神的なサポートもしていきます。

そして、ケガの治療が終了して選手が競技に復帰できたらそのあとは、選手がケガをしないように予防をするということも大切な仕事の1つです。

5)柔道整復師のキャリアアップについて

足 マッサージ

柔道整復師の働き方について分かったところで気になるのが、キャリアアップできるのかどうかということです。ここでは、柔道整復師として働く上で目指していきたいキャリアアップについてご紹介します。

機能訓練指導員からケアマネージャーへ

先ほどの柔道整復師の代表的な働き方でもご紹介しましたが、柔道整復師の資格を活かして機能訓練指導員として、利用者の身体機能の維持に努める人は、キャリアアップを目指してケアマネージャー(介護支援専門員)を目指すのがおすすめです。

鍼灸師・柔道整復師ダブルの資格でキャリアアップ

鍼灸師とは、「はり」「きゅう」を用いて、人間が持っている治癒能力を高めることができる資格です。
柔道整復師は、手で施術を行うものですので、その部分は異なりますが、人間の治癒能力を高めるという点においては同じです。

そのため、鍼灸師の資格も取得することで選手への治療の幅が広がりますので、スポーツトレーナーとしてのキャリアアップが見込めます。

6) 柔道整復師に関するQ&A

柔道整復師についてまだまだ気になる部分があるという人もいますので、ここで柔道整復師に関するQ&Aをご紹介します。

【Q1】 柔道整復師って柔道の経験がなくても大丈夫?

柔道整復師を目指す上で、柔道の経験がないという人も多いです。実際に、専門学校や大学の授業で柔道を受けることがありますので、きちんと授業に参加すれば初心者でも全く問題ありません。

【Q2】 柔道整復師って年齢制限はありますか?

柔道整復師の資格取得に年齢の制限はありませんのでご安心ください。専門学校や大学でも10代から60代まで幅広い年代の学生が柔道整復師を目指して同じ教室で学ぶということもあります。

今回は、柔道整復師に関してご紹介しました。スポーツの世界で活躍したいという人にとってはアスリートのような主役ではないけれど、いなくては困る柔道整復師のようなサポート役にやりがいを感じる人も多いです。アスリートの活躍はサポートがあってのものですので、アスリートとともに戦う事ができるという点に魅力がある仕事です。ぜひ、スポーツに関わる仕事がしたいという人は、柔道整復師を目指してみてください。

<参考>
【東京メディカル・スポーツ専門学校】https://www.tokyo-medical.ac.jp/course/judo-sports/
【厚生労働省】https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/judouseihukushi/
【関西健康科学専門学校】http://www.kanken.ac.jp/exam/qa/

柔道整復師を活かしてスポーツの現場でできる3つのこと

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka