整体師への勉強方法とは?4種類の整体に関する資格を紹介

「どんな資格を取得すれば整体師になれる?」「整体師になるにはどのような資格を取得すれば良いのかわからない」

整体師になるため、どんな勉強をすればわからない人も多いでしょう。そこでこの記事では、整体師になるために持っておきたい資格という観点から、整体師を目指すための勉強方法をまとめてご紹介します!

1)整体に関する資格は大きく分けて2種類

整体に関する資格は大きく分けると2つの種類に分けることができます。1つは国家資格で、もう1つは民間資格です。国家資格と聞くと難しいというイメージがあると思います。この後に紹介する国家資格は、全て最低でも3年間は学校に通う必要がある資格になります。

国家資格

国家資格の中で整体と関係のある資格は2つあります。「あん摩マッサージ指圧師」と「柔道整復師」の2つです。どちらも取得まで最低でも3年はかかりますし、学費が300万〜400万円程度かかります。

しかし国家資格の場合、取得までに時間とお金をかける分、社会的な信用を得ることができます。また「整骨」「接骨」「マッサージ」と名のつく屋号を使うことができるのは国家資格取得者だけになります。

実は「整骨院」という名前は国家資格を持った人が働いているという証明なのです。

そして民間資格との大きな違いが、保険が適応されるのかどうかということです。国家資格の場合は、症状により保険を適用できるか判断できます。

民間資格

民間資格の場合は国家資格と違い、時間もお金も国家資格のようにはかかりません。

資格や講座にもよりますが、値段の安いものでは10万程度で資格取得が可能な整体師資格もあります。高いものは100万円くらいかかるのもあり、幅が非常に大きいのも民間資格の特徴です。

期間に関しても数か月で取得可能なものや1年かかるものなど様々です。また通学だけでなく、通信で資格が取れるものもあります。しかし整体師は知識だけで施術できるものではありません。

知識と何より実技が重要なポイントになります。スクールを選ぶ際は、実技の時間がどのくらいあるのかを知っておくことも重要なことになります。

2)整体に関する資格を紹介

マッサージ師

国家資格と民間資格の中でもオススメの資格を紹介します。何より自分に合う資格を取得することが重要なことになります

あん摩マッサージ指圧師【国家資格】

あん摩マッサージ指圧師は、肩こりや腰痛などの慢性的な悩みをあん摩・マッサージ・指圧を用いて解決する仕事です。患者の肩こりの原因から追求していき解決するので、専門的な知識が必要な職業になります。国家資格ということもあり信用度は高く、独立開業にも資格を活かすことができます。

(1)学べること

あん摩マッサージ指圧師は、あん摩やマッサージなどの実技に関わることを理論から学んでいきます。そして人体に関する知識を勉強するために運動学や生理学なども学んでいきます。

(2)働く場所

整体院だけなく、スポーツ関連の現場や介護福祉の施設でも働くことができます。さらに現在では美容業界であん摩マッサージ指圧師の資格を活かしている人もいるということで、女性の需要も高まっている資格です。

(3)取得までにかかる費用・期間

あん摩マッサージ指圧師の資格を取得するまでにかかる費用は300万〜400万円程度です。これは専門学校の3年間の学費になります。最低限3年間は専門学校に通い取得を目指す資格になるので、それなりの覚悟が必要です。

柔道整復師【国家資格】

柔道整復師は骨折や脱臼、捻挫などの怪我を柔道整復術という方法を用いて施術します。柔道整復術とは日本の戦国時代から続く伝統的な方法になります。

(1)学べること

柔道整復師は柔道整復術に関する理論や知識、実技を学んでいきます。さらに人体に関わる運動学や生理学なども学んでいきますので、幅広いことを学ぶことができます。

(2)働く場所

資格取得後は整骨院やリハビリテーション施設だけでなく、スポーツ施設や介護福祉の施設でも働くことができます。柔道整復師の活躍の場は広がりを見せていますし、経験を積めば独立開業もできます。

(3)取得までにかかる費用・期間

柔道整復師も専門学校で最低3年間は学ぶ必要がありますし、学校の費用は300万〜400万円程度かかってしまいます。国家資格はどれも時間とお金がかかることは共通している点です。

一般社団法人国際ホリスティックセラピー協会認定整体師【民間資格】

病気にならないための情報などを発信している国際ホリスティックセラピー協会では、整体だけでなくヨガやアロマなどの講座を行っています。

(1)学べること

ボディケア(筋肉調整)、カイロプラクティック(骨格調整)、リフレクソロジー(足裏)の3つの技術を基本的に学んでいきます。整体師として必要な知識を学べる資格で、長い期間勉強します。

(2)働く場所

基本的に整体院が中心になります。また国際ホリスティックセラピー協会では独立開業に関する専門的な講座もあるので、独立開業を目指している人にはオススメの講座です。

(3)取得までにかかる費用・期間

国際ホリスティックセラピー協会は整体師に関する講座を多数行っています。その中でも整体師養成コースでは、最短6か月の講座で74万円の費用がかかります。

整体セラピスト(NPO法人 日本セラピスト認定協会)【民間資格】

スクールに通って取得するものではなく、筆記試験と実技の試験に合格することで資格を取得できます。資格にも5級から1級、その上には修士免許があります。修士免許は取得するのがかなり大変で、実務経験も必要です。

(1)学べること

試験なので学べることではなく、試験に出題される内容になりますが、生理学や解剖学などの人体に関わる内容などの筆記試験と施術を実際に行う実技試験になります。これだけのボリュームがあって3級の試験内容なので、1級を取得することはかなり大変だということがわかります。

(2)働く場所

資格取得者のほとんどがすでに整体院で働いている人になりますので、資格取得すれば整体師として働くことができます。また整体師の技術証明にもなる資格です。

(3)取得までにかかる費用・期間

試験なので期間は人それぞれになります。費用は3級で12,000円です。

人気整体スクールはこちら

3)スクールを選ぶときの注意点

マッサージ

国家資格を取得する時も専門学校や大学選びに迷うと思いますが、問題は民間資格を取得する時です。民間資格は多くあり、その資格の知名度もバラバラです。特に民間資格を取得する時は、まず知名度のある資格を取得することが重要でしょう。

そして口コミや講座の内容と授業時間も重要な判断要素になります。簡単に取得できるものや実技がないものなどは講座を受けても、知識を覚えるだけで実技がおろそかになってしまいます。自分に合った資格選びは十分に考えるようにしましょう。

整体師になりたいなら、まずは資格に国家資格と民間資格があることを知りましょう。国家資格は基本3年はかかりますし、費用もかかります。民間資格は国家資格よりバラエティに富んでいるので、自分に合う資格を取得するようにしましょう!

人気整体スクールはこちら

4)整体の資格に関するQ&A

【Q1】独学で整体院を開きたいです

整体師として働くために資格は不要ですが、整体師として働くに当たって講座で学んだり、資格を取得したりした方が良いでしょう。特に開業するとなると先生の実績を証明するものとして資格は重要な力を発揮します。

【Q2】国家資格の有無と整体師としての信用の関係とは?

国家資格は社会的な信用度が高いと言いました。しかし国家資格を持っているとはいえ、信用されない整体師もいます。資格より症状を解決してくれる整体師の方が信用されるので、民間資格だから国家資格より下だということもありません。

フィットネス求人に関する無料相談はこちら

フィットネスコンシェルジュでは、フィットネス関連の資格・スクール・就職・転職の無料相談を受け付けています。

キャリアアドバイザーはこれまでに大手パーソナルジムや世界的フィットネスクラブでトレーナーとして働いていたので、現場をよく知っているからできるアドバイスができます。

資格・就職の無料相談はこちら

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka