ダンスのインストラクター年収事情まとめ!平均年収は?

ダンスのインストラクター年収事情まとめ!平均年収は?

子どもにも大人にも人気の習い事の中で「ダンス」の習い事を思い浮かべる人も多いでしょう。ダンスと一言で言ってもヒップホップブレイクダンスフラダンスフラメンコ社交ダンスなど、とにかくさまざまな分野があり、世界観も異なります。

中には、ダンスサークル参加をきっかけにダンスを本気で仕事にしたいとインストラクターを目指す人もいます。そこで今回は、ダンスのインストラクターの仕事についてご紹介します。

1) ダンスのインストラクターとは?

さてダンスを仕事にしたいと考えている人にオススメしたい「ダンスのインストラクター」のお仕事ですが、実際にどんな仕事をするのでしょうか?ここでは、ダンスのインストラクターとはどんな仕事かということについてご紹介します。

ダンスレッスン

ダンスインストラクターの仕事内容は、主の仕事は「ダンスを教える」ことです。1コマ1時間~2時間ほどのレッスンを担当し、受講生のダンス技術の習得を目指します。

スクールによっても異なりますが、子どもの習い事としてダンスを教えることもあれば、中高大学生趣味でダンスをしたい社会人趣味だけではなく健康のためにダンスをするシニア層など、生徒の年齢幅はさまざまです。

レッスン時間では、体の筋肉をほぐすウォームアップやストレッチから始め、ダンスで必要なステップや、曲に合わせてステップやターンの練習を行うレッスン・ターン・キック・ジャンプといった技の練習を行います。

ダンスレッスン時間外にも仕事はある

レッスン時間外での業務としては、担当しているレッスンのゴール設定年間スケジュールの調整などがあります。年間スケジュールの調整とは、どの時期にどのコンペティションやイベントに出演するかなどを考えたり、コンペティションやイベントへのエントリー業務踊る曲の選定や編曲などがあります。

2)人気のダンスってどんなもの?

バレエリーナ 足

ダンスといっても数多くの種類があります。ここでは、人気のダンスについてご紹介します。

ヒップホップ・ブレイクダンス

子どもにも大人にも人気の習い事としてヒップホップブレイクダンスがあげられます。アップテンポの曲に合わせた激しい動きは、習得するまでは大変ですが踊れるようになれば、かっこよく見えます。J-POPに合わせることもできるということも人気のヒミツです。

ジャズダンス

ジャズダンスは、20世紀初めにアメリカで誕生し、当初はジャズミュージックに合わせて踊られているものをジャズダンスと言っていました。

宝塚・劇団四季・ディズニーランドのショーなどで踊られているものは、みんなジャズダンスになります。ジャズダンスのレッスンの中でバレエ要素を取り入れる講師も多く、日頃のレッスンではしっかり筋力も鍛えていきます。

フラダンス

映画「フラガール」で一気に人気が高まったダンスは、やはりフラダンスです。今は当時ほどの人気はないものの、アップテンポの曲もあればゆったりした曲もあるので、幅広い年齢層が参加できる習い事として人気です。

バレエ

昔から女性に人気の習い事としてバレエは外せないものです。今でも数多くのカルチャースクールもあり、衣装も煌びやかなものが多いということも魅力です。また、バレエの踊りは女性らしさを表現しやすい動きにもなっているので、それも人気の理由です。

3)ダンスのインストラクターに必要な素質とは?

ダンスのインストラクターになるために、ダンスの専門的な知識が必要なのは当然のことですが、その他に必要な素質とはどういったものなのでしょうか?ここでは、ダンスのインストラクターに必要な素質についてご紹介します。

コミュニケーション能力がある

これはどの仕事でもいえることではありますが、コミュニケーション能力はインストラクターになるために必要不可欠な能力です。生徒に正しい運動法を理解してもらうためには、なぜこのような運動方法がいいのかということを、相手に伝わる言葉や動きで説明する必要があるので、コミュニケーション能力は大切です。

コミュニケーション能力が必要だというと「自分は話すが苦手だから・・・」と言う人もいますが、どちらかといえばわかりやすく説明できる語彙力マネのしやすい動き方、そして生徒さんの話に耳を傾けて、わからない部分を理解する姿勢が大切です。

運動に関して詳しい人

運動や競技に関して詳しいということもインストラクターに求められる素質です。生徒からすれば、経験も知識も豊富に持っている人から指導を受けられるということで、利用者からの信頼度が上がります。

笑顔が素敵な人

ダンスの実力とは、ダンスの技術があることはもちろんですが、ダンスを踊っている間の表情で表現をする事も必要です。ダンスをしているのが楽しいと、見ている人に伝えられるように、踊っている間笑顔でいられる事もとても大切になります。

先生が楽しそうに踊っているところを見れば、生徒も「ダンスって楽しいんだ」と感じることができますし、先生をお手本にすれば自然と笑顔で踊れるようになります。踊っている間笑顔でいられる事笑顔が素敵な人はインストラクターの素質があるといえます。

4)ダンスのインストラクターの年収は?

夫婦 ダンス

さて、ダンスのインストラクターになろうと考えたときに気になるのは、やはりダンスのインストラクターの年収についてではないでしょうか?ここでは、ダンスのインストラクターの年収についてご紹介します。

ダンスのインストラクターの平均年収は?

ダンスインストラクターの月収は人によって大きく変わります。また、受け持っているクラスの数やスクールの場所が都内であるか、地方であるかということでも変わります。ダンスインストラクターの年収で最も多いのが、100万~300万円の間であるといわれています。年収が100万~300万円となると、だいたい月収でいうと10万~30万円くらいです。

ですが、中には400万~500万円くらい稼ぐといわれているインストラクターもいますので必ずしも「このくらいの収入」と断言できるものではありません。

収入を増やすには?

年収300万円くらいなら、なんとか生活できるけど100万円くらいになってしまうとインストラクターの仕事だけで生活するのには苦しいです。ダンスのインストラクターとして収入を増やすためにはどうしたらいいのか気になっている人も多いでしょう。ダンスのインストラクターの収入を決めるのはズバリ「生徒数」です。

ダンスのレッスンは1回ごとに金額が決まっていることがほとんどです。その金額は、カルチャースクールによっても異なりますが、たとえば1レッスンに生徒1人につき2,000円ということであれば、10人くれば1レッスンにつき20,000円稼げる事になります。またそれ以上の人数になればそれだけ収入は増えるので「生徒数」は収入を増やすために重要なポイントとなってきます。

生徒数を増やすには?

ダンスのインストラクターとして収入を増やすためには、生徒数を増やすことが重要なポイントだと先ほど書きました。

しかし、どうしたら生徒数が増えるの?と疑問に思ってる人もいるでしょう。具体的に言えるポイントとしては2つです。それは「実績を残すこと」と「広報活動をすること」。

たとえ将来的にダンスを仕事にするわけではなく、趣味の習い事であったとしても各種コンテストで上位入賞したり、アーティストのバックダンサーをした経験を持っている人に直接指導してもらいたいと考えている人も多いものです。「実績を残すこと」で自分の知名度を上げるということは、生徒数を増やすきっかけになります。

また、近年はSNSなどで「広報活動をすること」で知名度を上げていくインストラクターもいます。これも、ダンスに興味を持っている人の目にとまり、スクールに興味を持ってもらうきっかけになるのでオススメです。

5)ダンスのインストラクターに資格は必要?

女性 ダンス

ダンスのインストラクターに資格は必要なのでしょうか?ここでは、ダンスのインストラクターに資格は必要かどうか、ダンスごとにご紹介します。

ジャズダンス・インストラクター

ジャズダンスのインストラクターになるための資格は、とくに必要ありません。インストラクターの資格を持っているということよりも、ダンスの実力や経験の方が重視されます。芸能人のバックダンサーPVの出演歴があったり、有名な大会で優勝したといった輝かしい実績を持っていると、実績が認められて生徒も増えていきます

バレエのインストラクター

日本でバレエを教えるのに、特に資格は必要ありません。バレエのインストラクターは、バレエを基礎からきちんと教えられる指導力です。現役時代に活躍した人が指導者に転身する場合や、バレエ教室に助手として入り、経験を積みながら徐々にクラスを受け持つというのが主流です。

社交ダンスのインストラクター

社交ダンスのインストラクターには、報酬を受け取れる「プロ資格」と、ボランティアで教えることのできる「アマチュア資格」があります。「プロ資格」は、現在では、競技力の向上を目的にプロ競技者が取得するものになっています。

プロインストラクターになるには、大きな大会で上位入賞するなど、ある程度の競技実績がなければ、プロインストラクターにはなれません。またなれたとしても、なかなか生徒が集まらないといわれています。「アマチュア資格」には、日本ダンススポーツ連盟の「公認指導員」と、日本ボールルームダンス連盟の「地域インストラクター」があります。

ヒップホップやストリートダンスのインストラクター

ヒップホッブやストリートダンスのインストラクターになるための資格は、特に必要ありません。ですが近年では、ヒップホップやストリートダンスなどのインストラクター養成講座や、インストラクター資格などが設けられるようになってきていますので、資格を取得することもオススメです。

ヒップホップやストリートダンスを教えるには、基礎や指導法など知っておく方が有利です。専門学校や大学で学んでもいいですし、養成講座を受講するのも一つの方法です。ですが、実際には各種コンテストで上位入賞したり、アーティストのバックダンサーだった人など、その世界で有名な人でなければ生徒が集まりにくいです。

6)ダンスのインストラクターの年収に関するQ&A

ここまでダンスのインストラクターについてご紹介しましたが、まだ分からないことがあるという人もいますので、ここでダンスのインストラクターの年収に関するQ&Aについてご紹介します。

【Q1】ダンスのインストラクターの年収だけで生活できるでしょうか?

ダンスのインストラクターの年収についての話の中で、ダンスのインストラクターの平均年収は100~300万円ということでしたが、現実的な話をするとダンスのインストラクターだけで、生活できる人は少ないです。

さらに、それより上の贅沢な生活ができる人は日本の中でも一握りだといえます。

ダンスのインストラクターは、ある程度稼げるまでは副業もして生活しているという人が多いです。大変なことも多いはずですが、それでもインストラクターを続けている人は「自分が好きだと思ったダンスの普及に自分が役に立てているので、やりがいのある仕事だ」と感じているようです。

【Q2】大学や専門学校へ行けばダンスのインストラクターの年収は増えるの?

大学や専門学校でダンスを学習することができます。ダンスを学べる学校としては、専門学校東京アナウンス学院のダンスパフォーマンス科日本女子体育大学の舞踏学専攻尚美学園大学のダンスコースなどがあります。

卒業後はすぐにダンスインストラクターとしてスタジオや講師派遣会社と業務契約を結んで働くケースもありますし、オーディションを受けて劇団や芸能事務所に所属したり、テーマパークでのダンサーとして就職したりするケースもあります。

出身学校の名前にネームバリューがあれば、ダンスのインストラクターの実績として認められることがあるので生徒数が増える可能性もあります。

今回は、ダンスのインストラクターについてご紹介しました。ダンスのインストラクターの仕事1本で食べていくのはなかなか大変なようですが、自分が好きなダンスの楽しさを教えるやりがいもありますし、生徒が上達する姿を間近で見られるということはダンスのインストラクターならではの喜びでもあります。ダンスが好きだという人はぜひ、ダンスのインストラクターという仕事を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

<参考>
・キャリアガーデン
・スタンバイ
・自由が丘のバレエ・ダンス教室 セーラーズスタジオ

フィットネス求人に関する無料相談はこちら

フィットネスコンシェルジュでは、フィットネス関連の資格・スクール・就職・転職の無料相談を受け付けています。

キャリアアドバイザーはこれまでに大手パーソナルジムや世界的フィットネスクラブでトレーナーとして働いていたので、現場をよく知っているからできるアドバイスができます。

資格・就職の無料相談はこちら

ダンスのインストラクター年収事情まとめ!平均年収は?

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka