フィットネストレーナーの年収とは?年収アップの方法5選

フィットネストレーナーの年収とは?年収アップの方法5選

フィットネストレーナーとは、フィットネスクラブなどで一対一の指導をするトレーナーの事です。では実際の年収は幾らくらいになるのでしょうか。また、その年収を上げる方法はあるのでしょうか。まずはフィットネストレーナーの基本的な年収を見ていきましょう。

1)フィットネストレーナーの就業タイプによる年収の違い

フィットネストレーナーがフィットネスクラブに所属した場合の年収は250~500万円が相場です。しかしながら「勤務地」や「会社の規模」で年収に幅が出てきます。

フィットネスクラブに勤務する(正社員・勤務地フリー)

フィットネスクラブチェーンの株式会社ティップネスに正社員として「勤務地をフリー」として勤務した場合、初年度の年収は4大卒が約270万円、短・専卒(2年)が約254万円となります。

フィットネスクラブに勤務する(正社員・勤務地限定)

またティップネスで正社員として勤務し「勤務地を限定」とした場合、初年度の年収は4大卒が約257万円、短・専卒(2年)が約241万円となります。

大手フィットネスクラブに勤務する(正社員)

大手であったり、著名なフィットネスクラブに勤務した場合ですと初年度の年収が355万円ほどになり、 85万円近くも差が出ることもあります。平均年収としては、「大手・著名なフィットネスクラブ」のフィットネストレーナーで350万円~450万円、「中小規模のフィットネスクラブ」のフィットネストレーナーで、300万円~420万円程度です。

アルバイトになるとボーナスもないので、平均年収は200万円くらいになります。フィットネストレーナーとして働いて、かつ年収を確実にUPさせていくには幾つか段階を踏んでキャリアアップ、バリューアップしていき最終的には独立・起業して自分のプライベートジムを持つのが望ましいでしょう。では実際に、年収をどのように上げていけばいいのかそのポイント5つを解説します。

2)フィットネストレーナーの年収アップの方法は?

公園 男性

フィットネストレーナーの平均的な年収はご理解いただけたでしょうか。活躍によっては年収アップも望める職業となりますが、具体的にはどのような方法があるでしょうか。この項目では、5つのポイントをお伝えします。

ポイント1:必要な資格を取得する

会社によってはフィットネス関係の資格を取得していると手当が支給される場合があります。また、会社によってはフィットネス関係の資格を取得することを推奨している場合がありますので、その場合はその制度を利用して資格を取得しましょう。

特に認定団体が発行しているNSCANESTANATAなどの資格を取得すると、仮に業務委託契約者となってフィットネスクラブと契約する場合に有利になります。また、フィットネスクラブで人気のプログラムであるスイミングヨガインストラクターなどの資格を取得するのも方法の一つです。

ポイント2:フィットネスクラブと契約してセッション数を増やす

資格を取得し、ある程度勤務年数が増えてきたら正社員ではなく、業務委託契約者としてフィットネスクラブと契約するのも年収UPの一つの方法です。この場合、業務委託契約となりますので「1回のセッション料からフィットネスクラブへ渡す手数料を引いたもの」が自分の給与となります。※大手フィットネスクラブの場合ですと、売り上げの15〜30%が手数料になることが多い

この業務委託のメリットは「セッション数が多ければその分だけ収入が上がる」という点です。人気トレーナーになれば1セッションあたりの単価もアップし、またフィットネスクラブの方から契約継続をお願いされたりしていくでしょう。

一方、フィットネスクラブとの契約ができなかったり、クライアントからの問合せがなければ、もちろん収入は0になります。業務委託という「個人事業主」である以上、こうしたリスクは必然と言えます。

また、業務委託契約を結ぶ際の条件に、各認定団体が発行しているNSCANESTANATAなどの資格を持っていることが条件に含まれている場合がほとんどです。そのため、未経験者が業務委託契約を締結するのはハードルが高いと言えるでしょう。

ポイント3:フリーランスとなって複数のクラブと契約する

上記の業務委託とも似ていますが、フリーランスになって一つのクラブではなく、幾つかのクラブと契約するのも年収UPの方法です。この場合、業務委託と何が違うかというと「手数料の代わりにフィットネスクラブ利用料を支払う」「1セッションあたりの料金を自由に設定する」ことができます。

フィットネスクラブの利用料は手数料と比べると割高ですが、その代わりに「1セッションあたりの料金を自由に設定する」ことができるようになります。

基本、業務委託の場合は1セッションの単価が高くても8,000円が多い印象ですが、フリーランスの方の場合10,000円から、人気のあるフリーランスのトレーナーになると20,000円から30,000円というのも少なくありません。

しかし業務委託と同様にクライアントからの問合せがなければ勿論収入は0になりますし、複数のクラブを掛け持ちしますので、移動と時間の管理が必要になってくるのがデメリットになるでしょう。

ポイント4:独立・起業をしてプライベートジムを開く

上記の業務委託やフリーランスとも似ていますが、人気トレーナーになり知名度があるのであれば、プライベートジムを開くと更に年収がUPするかもしれません。業務委託契約の場合は、フィットネスクラブと契約を行うためどうしても手数料を引かれてしまいます。

その点パーソナルトレーナーとして独立してジムを持つことで、手数料を引かれることなく、かつ自分が思い描く空間やコンセプトといった、独自のブランディング戦略が取りやすいというメリットがあります。

ジム経営」と考えると設備や人権費の心配もありますが、マンションの一室を借りて個人ジムを経営することで、そのリスクを軽減している方も少なくありません。

また、料金も自分で自由に設定することができますので、ブランディング戦略や経営が成功すれば年収1,000万以上も夢ではないでしょう。しかしながらリスクとして設備や人件費の心配であったり、またトレーナー以外の経営者としての仕事が増えてしまうというリスクもあります。

ポイント5:クラブ内のマネージャーとなる

上記3つは、フィットネスクラブを辞めて年収をUPするという方法でしたが、それとは別にフィットネスクラブを辞めずに年収をUPする方法もいくつかあります。

その内の1つがジム全体のスタッフの管理・教育・マネジメントを行えるようになり、チームマネージャー等の管理職になることです。この場合、役職に応じた手当がプラスされます。マネジメントが可能なマネージャークラスでは、年収400万円〜600万円も見込めます。

基本的には、まずフィットネスクラブに勤務し、その後大幅な年収UPを目指すのであれば独立して業務委託フリーランス、最終的にはプライベートジムを開設、大幅ではなく社内で年収UPを目指すのであればチームマネージャー等の管理職になると良いでしょう。

 3)フィットネストレーナーの年収UPに必要な資格とは?

フィットネス 女性

年収を高める方法は、幾つかのアイディアがある事がお分かり頂けたかと思います。ご自身で合うものを、ピンポイントで実践するのも賢い方法といえるでしょう。更にこの項目では「資格」に焦点を当てて、その内容をお伝えします。

認定団体とはなんでしょうか?

NSCANESTANATAなどが有名です。パーソナルトレーナー関連資格となり、年収UPのために会社を辞めアルバイトを含む業務委託等に転換するために必要な場合がほとんどですので、取得しておいて損はありません。

その他どのような資格が必要なのでしょうか?

人気で、かつ取得している人が少ない資格を取得するのも方法の一つです。例えば近年人気の加圧トレーナー協会認定資格KAATSUインストラクター)・ピラティス関連CPR関連心肺蘇生法)資格取得者などがそれにあたるでしょう。

年収UPに必要な資格は、やはり必須として認定団体によるパーソナルトレーナー関連資格、そして自分の将来なるべきフィットネストレーナーの姿や磨きたいスキルに応じて資格を取得していくのが望ましいです。

4)フィットネストレーナーになるには具体的にどのような進路を選べばいいの?

公園 女性

ここまで年収・年収アップの方法、資格についてお伝えをしました。具体的にどんな風な手順でトレーナーになっていけば良いでしょうか。進学方法についてお伝えします。

スポーツ専攻のある短大・専門学校に進学する

高校卒業後、2年制のスポーツ専攻のある短大専門学校に進学すると、民間の資格(JATIなど)の合格を目指せるようになります。またNSCA認定専門学校に進学すれば在学中に資格合格を目指すことが可能です。

スポーツ専攻のある大学、体育学部のある大学に進学する

高校卒業後、4年制のスポーツ専攻のある大学体育学部のある大学に進学すると、各大学で設定されている資格(保健体育教師、JAFAなど)の合格を目指せるようになります。またNSCA認定大学に進学すれば在学中に資格合格を目指すことが可能です。

基本的には上記のようにスポーツ専攻体育学部がある学校に進学すると、効率的にフィットネストレーナーとしての基礎を学ぶことができ、またフィットネスクラブへの就職も視野にいれることができると思います。

例えば普通の大学やスポーツとは無縁のところからスポーツをする楽しみに目覚め、独学で勉強し、資格を取得してフィットネストレーナーになる道もあります。

 5)フィットネストレーナーの年収に関するその他のQ&A

フィットネストレーナーの進むべき進路についてもお伝えをさせて頂きました。ここでは更によくある質問についてもお伝えします。独立・起業などの選択肢も踏まえて、チェックしてみましょう。

【Q1】資格取得を効率的に進めるには?

まず、自分がどのようなフィットネストレーナーになるのか、会社を辞めてゆくゆくはプライベートジムを開設するのか、または会社を辞めずに働くのかを念頭に資格を取得していくのが望ましいでしょう。その軸を元に、枝葉として必要な資格を取得していくのが一番効率的かと思われます。

【Q2】会社を辞めて独立・起業する勇気がない場合は?

上記にも記載しましたが、会社に残ってマネージャーを目指す、または独自の専門分野を身につけるという方法もあります。また、会社では昇給が見込まれます。年1回ほど行われる査定、もしくは実力を測る昇給テストにより一定額ずつ昇給していくケースが多いでしょう。

規定による昇給ですが、中小規模より大手のスポーツジムの方がより充実している傾向にあり、また採用情報のサイトに記載している場合が多いです。中小規模のジムの場合は査定基準が曖昧なケースや、採用情報のサイトに記載をしていない場合もありますので、勤務する際には注意が必要です。

また独自の専門分野を身につけることでも専門職扱いになり、その点でも昇給が見込めます。ヨガ水泳などクラスを受け持つようになると、その分の専門職手当が出るケースが多いです。

【1】フィットネストレーナーの年収は、勤務地や会社の規模でバラツキがあります
【2】フィットネストレーナーの年収をあげる場合は、資格を取得して経験を積み、個人経営者になる方法と、会社でマネージャーなどの管理職になる方法があります
【3】フィットネストレーナーで独立を目指すにはNSCANESTANATAの認定団体の資格を取得するのが大事
【4】資格を効率よく取得するには、スポーツ専攻体育学部のある学校に進学するのも方法の一つ
【5】自分がどのようなフィットネストレーナーになりたいのか、将来像を考えた上で枝葉となる資格を取得していくのも効率が良い

<参考文献>
【株式会社ティップネス】
【NSCAジャパン】
【NESTAジャパン】
【JATOジャパン(NATA)】
【JATI】
【JAFA】
【KAATSU】

フィットネス求人に関する無料相談はこちら

フィットネスコンシェルジュでは、フィットネス関連の資格・スクール・就職・転職の無料相談を受け付けています。

キャリアアドバイザーはこれまでに大手パーソナルジムや世界的フィットネスクラブでトレーナーとして働いていたので、現場をよく知っているからできるアドバイスができます。

資格・就職の無料相談はこちら

フィットネストレーナーの年収とは?年収アップの方法5選

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka