ジムの仕事内容とは?さまざまな仕事内容を一挙紹介

ジムの仕事内容とは?さまざまな仕事内容を一挙紹介

健康志向が高まっている現代、大勢の老若男女が健康と美容のためにスポーツをしています。ジムで働きたい人にとって、多種多様なスポーツジムがオープンしているので、スキルや都合に合わせた働き方が可能です。ここでは仕事内容を詳しく解説していきます。

1)正社員の仕事とは?主な業務4つ

正社員として就業したいと希望する人にとって、具体的にどのような仕事をするのか気になるところです。今回は正社員の仕事内容について説明します。

スタッフ管理

地域や規模にもよりますが、各店舗に約10名~のアルバイトスタッフが在籍しています。スタッフの採用や、シフトの作成スタッフの育成などを行います。

店舗の管理・マネージメント業務

店舗の安全管理や、売上の管理を行います。売上を上昇させるためにどうすればいいのかを考察・提案し、入会数を増やすためのキャンペーンなども仕事の一部です。利用者向けに販売しているサプリメントや美容系用品、健康系用品、運動用品などの管理も行います。

店舗への苦情対応

時には利用者からの苦情に対応します。より充実した店舗運営を目指すために、責任者としてのクレーム処理も業務の1つです。

スタジオでのグループレッスン・個人指導

スポーツジムはスタジオにて、エアロビクスやストレッチ、ヨガやズンバなどのさまざまなプログラムが組まれています。グループレッスンの講師として、利用者に指導します。また個人的な指導を求める利用者に対して、トレーニングメニューを作成するのも大事な仕事です。

2)スポーツジムアルバイトとしての仕事とは?主な業務3つ

フィットネス 女性

学生にとって、スポーツジムは人気があるバイト先の1つです。また、パート先として、スポーツジムを選ぶ主婦も増えています。では、具体的にどのような仕事内容なのかを紹介します。

安全管理

利用者が安全に運動できるように、フィットネス器具の点検プールの温度測定塩素チェックなどを行います。プールやジムで体調不良の利用者はいないか、目を配ります。

フロント受付

来館した利用者を出迎えるのが主な業務です。チェックイン・チェックアウト業務入会退会業務プランの変更などの業務を行います。バックヤードにて、パソコンで顧客管理の入力などをまかされる事もあるでしょう。またフロント周辺の軽い清掃をする事もあります。

利用者への指導

ジムの器具の使い方がわからない利用者にレクチャーします。経験を積んでいけばスタジオレッスンを任されることもあります。元々スポーツが好きな人にはぴったりのバイトです。

3)スポーツジムで働くいい点とは?

実際の業務に携わる前に、スポーツジムで働くとどんないい点があるのか、知っておく事は大切です。メリットを知ると、働いてみたいという意欲がわきます。注意点として、店舗によって条件が違うので、事前に確認した方が安心です。それではメリットについて解説します。

物販が格安で購入できる

店舗によりますが、利用者向けにサプリメントや健康関連グッズなどを、社販で安く購入できます。日頃から愛用しているサプリメントだったら、かなりお得です。

無料で施設を使える

多くの店舗の特典として、勤務時間外に無料で施設を使えます。身体を鍛えるのが趣味の人や、運動が好きなスタッフにとっては、一番のメリットと言えます。

多種多様な人々と出会える

スポーツジムでのバイトは、多種多様な人々と知り合う事ができます。普段あまり接点のない職種や年齢の人々と交流ができ、いい刺激になります。またスポーツという共通の目的で男女が集う場なので、話も合いやすく、恋愛に発展するというケースもたまにあるようです。

4)スポーツジムで働くデメリットとは?

フィットネス 女性

今度はデメリットについて説明します。デメリットをきちんと把握しておくと、実際働く時に心積もりができます。

基本的に立ち仕事

勤務中は基本的に立ち歩く仕事なので、最初は足が浮腫んだり、腰が痛むなどの症状がでる可能性があります。しかしジッと座っているのが苦手な人にとっては、色々な業務をテキパキと行ううちに時間が過ぎるので、向いていると言えます。

クレーム対応がキツイ?

色々な利用者がいるので、接客対応が中心になるでしょう。その中で、施設に対しての苦情を言われたり、怒られたりする可能性があります。その時に辞めたいという気持ちが湧くかもしれませんが、そこを乗り越えると対人スキルがアップします。うまく対応できるように接客を学ぶ事が大切です。

土日祝が忙しい?

平日は時間に余裕のある、高齢者や主婦の利用者が主です。一方、社会人の利用者にとって、平日はスポーツジムに通う事は困難です。その理由から、土日祝がスポーツジムの利用者のかき入れ時になります。土日祝にシフトに入れない人は、バイトの採用時に不利になります。

5)こんな人が必要!適正チェック3点

スポーツジムは大勢の人々が集う場なので、さまざまな気配りが求められます。働く前に、スポーツジムでの仕事内容が自分に合っているかどうかを見極める事が最も重要になります。今回はこんな人が適しているという特徴について説明します。

コミュニケーション能力が高い

スポーツジムでの仕事は、主に接客業務です。フロントでの案内や、レッスン業務など、常に利用者と接する事になります。年齢層もキッズから高齢者まで幅広いので、皆が気持ち良く利用できるように心を配る事が必要です。

責任感がある

トレーニング器具やプールでの事故を防ぐためには、常に緊張感をもって監視をすることが大切です。重大な事故を防ぐために、また利用者が安心して施設を使えるように、責任感を持つ事が必要です。

体力・気力がある

レッスン業務では、身体を動かしながら大きな声で利用者全員が聞き取れるように指導しなければならないので、基礎体力が必要です。また体調不良で仕事を休むと、レッスン指導の代替を頼む必要があり、他のスタッフへの負担になります。普段から体調管理をしっかり行い、体力をつける事が大切です。

6)ジムでの仕事内容についてのQ&A

これまでジムの仕事内容について、詳しく紹介していきました。今度はよくある質問を、Q&A形式でお伝えします。

【Q1】スポーツジムのバイトは、容姿は関係ありますか?自分は太ってるので、自信がありません

太っていても、コミュニケーション能力に長けていれば、採用される可能性はあるでしょう。今は太っていてもスポーツジムで痩せれば、職場にとっても大きな宣伝になるからです。そしてその痩せたという経験が、利用者の励みになり、話のきっかけになります。他のスタッフには話しにくい相談も、〇〇さんには心を開く事ができる、と思ってもらえるように努力をする事が大切です。

【Q2】スタッフの男女比率はどれくらいですか?

スタジオでのレッスン指導は女性のインストラクターが多く、一方ジムでのトレーニング指導は男性が多いです。だいたい男性3~4割で、女性6~7割の比率です。現在は女性専用や24時間営業など、さまざまなスタイルのスポーツジムが出来ているので、男女問わずそれぞれの場所で活躍が期待できます。

・正社員は、店舗の運営スタッフ管理の業務指導業務があります。
・バイトはシフト制で、フロントでの業務巡回レッスン指導などの業務がメインです。
・接客業になるので、笑顔での対応を心がける事が大切です。
・多種多様な人々と出会え、無料で施設を使用できるなどのメリットがあります。
・採用には、コミュニケーション能力が重要視されます。

<参考資料>
・ジョブール
・スタンバイ

ジムの仕事内容とは?さまざまな仕事内容を一挙紹介

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka