インストラクターの転職事情まとめ!9種類の仕事内容を全解説

インストラクターの転職事情まとめ!9種類の仕事内容を全解説

近年の健康ブームで、スポーツジムやフィットネススタジオなどを利用する人は増加傾向です。指導者として、スポーツの素晴らしさを多くの人に伝えたいと思いませんか?今回は、インストラクターの転職に関するさまざまな事情や、仕事内容について解説します。

1)インストラクターの勤務形態3つ

転職に成功するためには、自分に合ったスタイルを選択する事が第一歩です。それではどのような勤務形態があるのか、気になる収入について解説します。

正社員として働く

正社員としてスポーツ指導業務の他、フロント業務や事務作業など、総合職として働くスタイルが一般的です。正社員の求人では、初年度は約17万~21万円で、年収は約200万~400万円が一般的。ジムによってはインセンティブ制度や賞与制度、手厚い福利厚生が正社員としての利点です。

バイトとして働く

スイミングやスタジオでのレッスン指導、トレーニングマシーンの使用法や、ケガをしないようにエクササイズを行うための安全指導を行います。アルバイトの時給は、地域や時間帯にもよりますが、時給980円~1,100円程度です。能力や経験によっては、インセンティブや昇給も目指す事が可能です。メリットとしては、自分の生活スタイルによって就業時間を選択できる事や、ジムを無料で使用出来る事などがあります。

フリーランスとして働く

個人事業主として、フリーランスで働くスタイルです。フィットネスジムなどと業務委託の契約を交わします。レッスンの料金から売上の一部(手数料20%~40%)をジムに収め、残りが収入になります。メリットは、セッション数が多ければ多いほど、結果に応じた高収入を狙える事です。また、正社員に比べると会社に縛られる時間が少なく、自分でスケジュールを管理出来ます

2)チェックすべき!インストラクターの種類とは?

インストラクター

スポーツクラブなどで総称として呼ばれる場合もあれば、各種スポーツによって特定されるものもあります。特別な決まりはありませんが、どんな種類があるのか説明します。

ダンスインストラクター

エアロビクス・ズンバ・ジャズダンス・ヒップホップなど、さまざまなジャンルがあり、それらをまとめてダンスインストラクターと称されます。仕事内容はダンス指導・振付などです。スポーツクラブや、フィットネスジムでのスタジオレッスンインストラクターとしての求人があります。

キッズスポーツインストラクター

幼児から小学生にスポーツの楽しさを知ってもらい、ケガのないよう安全指導を行います。体育コーチスイミングインストラクターサッカー指導者スキーインストラクターなど、種類は多数あります。

パーソナルインストラクター

利用者の目的や悩みをヒアリングし、解剖学や栄養学などの科学的根拠に基づいたトレーニングプログラムを提供します。トレーニングマシーンや器具の正しい使い方・栄養指導など、利用者の悩み解消や目標達成に効果的なサポートをします。

3)インストラクターに資格は必要?

資格取得の義務はありません。しかし豊富な知識や技術のために、自分の転職したい道に合った資格取得をオススメします。

健康運動実践指導者

模範として必要な実技能力と、対集団での高い運動指導技術を養成するための資格です。健康運動指導士講習会を受講するか、養成講座のカリキュラムを修了します。そして認定試験に合格すれば、健康運動指導士台帳に登録されます。

現在はフィットネスジム以外にも、病院介護保険施設などさまざまな分野で活躍する人々が、全国で2万人以上登録されています。

トレーニング指導者(JATI認定)

トップアスリートから一般人まで、すべての対象におけるトレーニング指導のスペシャリストのためにある資格です。入会後、養成講習会を計4日間受講します。その後ワークノートを提出し、試験に合格すると、認定されます。上級ランクの資格もあり、さらなる高みを目指すことも可能です。

4)専門学校で学ぼう!厳選3校

転職する前に専門学校で学ぶ事によって、履歴書を見た人事担当者に、あなたの本気をアピールする事ができます。また就職時も、学校からのバックアップがあるので心強いです。それでは関東・関西・九州各エリアの専門学校3つを紹介します。

横浜リゾート&スポーツ専門学校

神奈川県横浜市にあり、スポーツインストラクター科スポーツトレーナー科で学べます。民間資格はもちろん、保健体育教員免許の資格取得が可能なので、将来の進路の選択肢が広がります。就職希望者1名に対して、求人数18.1件(2018年3月実績)という高い実績を誇ります。

大阪社体スポーツ専門学校

大阪府大阪市にあり、スポーツトレーナーコースで学べます。本人の希望に沿ってインターンシップ・現場実習を体験することが可能です。スポーツインストラクター系、アスレティックトレーナーなどスポーツ関連の求人も多く、多数の卒業生が内定をもらっています。

福岡医健・スポーツ専門学校

福岡県福岡市にあり、スポーツ科学科で専門分野を学べます。プラスして、目標達成のために自分だけのカリキュラムを作成する事が可能です。全国に姉妹校を持つメリットとして、企業や病院との太い結びつきがあります。全国の求人を紹介でき、就職率は100%(2018年3月卒業生実績)です。

5)現職者に推奨!キャリアを活かした転職先3つ

ゴルフショップ

現職で指導者をしていて“今とは違うアプローチで、皆に健康と美容を届けたい”と転職を考えている人もいると思います。では今度はインストラクターのキャリアを活せる職業について解説します。

スポーツ用品販売員

ゴルフショップなどの専門店舗や大型スポーツ総合店舗など、規模はさまざまです。インストラクター時代に培ったコミュニケーション能力を活かし、スポーツに関する豊富な知識を活かせる職業です。

放課後デイサービス指導員

障がい児の発達支援の一環として、スポーツを取り入れる放課後デイサービスは多数あります。感覚統合の整合やバランス感覚を強化するためのトレーニングなど、療育としてのスポーツを指導します。

スポーツ整体で勤務

柔道整復師などの国家資格、または整体カイロプラクティックなどの民間資格を取得し、さらなるスキルアップを目指します。スポーツ外傷や、ボディメンテナンスの立場でアスリートをサポートします。

6)インストラクターの転職に関するQ&A

インストラクターの転職に関する詳細を解説してきました。今度はQ&A形式でよくある質問についてお答えします。

【Q1】インストラクターは男女どちらが多いですか?

女性が多く、比率で示すと約7割をしめています。その理由としては、利用者にとって女性特有の身体の悩みについては同性の方が心を開きやすいなどが理由のようです。
職業柄、高齢になるまで続ける事は体力的に厳しく、年収を考えると男性には一生続けることが難しいという理由もあります。

【Q2】将来性はありますか?

近年の健康ブームで、スポーツジムフィットネスクラブなどを利用する人は多数います。また、24時間営業のジム女性専用フィットネスジムなど、個人の都合に合わせて利用できるようにシステムも多様化されています。現代は高齢化社会なので、地域のコミュニティでの高齢者向けの健康講座や、介護施設での教室など、ニーズは今後も広がるでしょう。

・正社員、アルバイト、フリーなどの働き方があります。
・特別な資格は必要ありませんが、豊富な知識の習得と利用者の信頼のために資格取得がオススメです。
・インストラクターは、オールマイティなスポーツ指導員としての総称と、特定のスポーツを限定して称するケースがあります。
・販売員やデイサービス指導員、整体などでインストラクターのキャリアを活かす転職をオススメします。

<参考資料>
・スポーツ求人ナビ
・キャリアガーデン
・公益法人 健康・体力づくり事業団
・日本トレーニング指導者協会
・ベスト進学ネット
・スタディサプリ

インストラクターの転職事情まとめ!9種類の仕事内容を全解説

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka