インストラクターを副業で?実際の働き方と注意点とは

インストラクターを副業で?実際の働き方と注意点とは

インストラクターという仕事に興味がある。でもインストラクターだけで生活は出来るんだろうか?そんな方におすすめしたいのが、副業でインストラクターをすること。今回は実際の働き方や、副業にするメリット、デメリットなどを紹介していきます。

1)いろいろな働き方がある世の中

世の中にはさまざまな働き方があります。近年ではその中でも少し特殊な副業が一般的になってきており、インストラクターの副業を考える人も増えてきています。

働き方について

今、この現代「仕事」には多くの職業があり、いろいろな働き方があります。一般的なのは正社員、派遣社員、アルバイトなどです。そして、ひとつの仕事をするだけではなく、「本業」や「副業」といった、複数の仕事をする人も増えてきています。

好きなことを仕事にしたい

そんな中で「好きなことを副業とする方」が増えてきています。その副業として人気の上位に入ってくるのが、インストラクターです。今回はその人気な職種の「インストラクター」と「副業」をご紹介していきます。

2)そもそも副業とは?

「副業」という言葉が普通に使われていますが、そもそも副業とはなんでしょうか?法律では「副業」に関する明確な定義がないそうです。副業という言葉は、「本業以外にも仕事をし、別で収入を得るこ」といったものを指しています。「サイドビジネス」や「ダブルワーク」とよばれることもあり、働く人にとって身近な存在にもなりつつあります。

3)インストラクターとは?

ストリートでフィットネス

そもそもインストラクターとはどのようなものなのでしょうか?インストラクターはなにをするの?資格はあるの?そんな疑問を解決します。

インストラクターってなにをするの?

インストラクターとは、「人を指導する職業」のことです。業種によって様々な分野のインストラクターがいますが、スポーツの分野においては、スポーツインストラクターや、ヨガインストラクターといった方など、様々な専門分野で活躍している方が多くいます。

様々な資格があります

様々な分野で資格取得コースが存在しているので、趣味で始めたものが、どんどん学びが深くなり、最終的に指導者の資格まで取り、仕事にしていく人も多くいます。
インストラクターを副業にするために、必ずしも資格が必要なわけではないですが、一指導者として資格をとる方が多いのも事実です。

4)そもそも会社が副業をOKしているか?

副業自体が社会で浸透しつつありますが、実際に自分が働いている会社で副業は可能なのか?事前に調べる必要があります。

インストラクターを副業でやるにあたって

経済的な問題や体力的な問題で、インストラクターだけでやっていくのは不安・・・。インストラクターだけでやっていけるのか分からない・・・。または、本業は本業で充実しているので、副業でインストラクターをしたい!と、様々な理由でインストラクターを副業にすることを選ぶ人がいます。

副業を行う上で1番重要なこと

ただ、まず1番重要なのは「本業で勤めている会社が、そもそも副業を許してくれるのか?」という事です。副業が禁止されているのに本業以外の仕事をしてしまうと、大変なことに。最悪の場合、退職する事になります。必ず自分の勤務先には確認をしましょう。禁止されている場合は、副業が可能な職場に転職する人もいるようです。

5)どんな働き方がある?

フィットネス 女性

今働いている会社で副業がOKで、具体的に副業でインストラクターをやろう!と思った時に、次に考えるのが具体的な働き方です。

具体的に考える

どんなことがやりたいのか、どのくらいの頻度でやりたいのか、どのくらいの収入を得たいのか。様々な条件がありますが、はじめのうちは全ての条件を満たすのは難しいかも知れません。なので、しっかりと自分の中で優先順位を決め、仕事を探しましょう。

さまざまな副業スタイル

パートやアルバイトで、業務委託、自分で主催するなど様々な方法があります。

(1)パート、アルバイト
まず、求人サイトなどで自分にあった条件の仕事を探します。インストラクターの場合だと、レッスンの時間など具体的に決められて募集が出ている場合もあります。自分に合った求人を見つけたら、応募しましょう。応募の仕方はさまざま。ネットでコンタクトをとったり、履歴書を送ったりと、応募先から指示があるのでそれに従いましょう。

(2)業務委託
業務委託の場合も、まずは業務委託先に応募をします。応募方法は、応募先によって変わるのでしっかりと確認をしましょう。採用が決まったら、さまざまな仕事の紹介があるので、自分の希望と照らし合わせて予定を入れていきましょう。

(3)自分で主催する
自分のペースで副業をしたい人におすすめです。レッスンの開催日や時間、場所、内容なども全て自分で決め、自分で集客をします。全てがオリジナルなものになるので、自分である程度やりたいことが決まっている人にはおすすめです。ただ、レッスン経験がない人には少しハードルが高いかも知れません。

6)副業のメリット・デメリット

副業をするにあたって良いことだけではありません。もちろん良いこともたくさんありますがデメリットとなることも・・・。副業のメリット・デメリットとはなんなのでしょうか?

副業するメリット

まずは、インストラクターを副業にするメリットから。本業でしっかりと安定した収入を得ながら、副収入としてインストラクター業ができるので収入面ではとても安心です。また、自分の空き時間で、自分の好きな事で、収入を得ることが出来るので、とても充実した生活になると思います。会社では出会えない人達に出会えたりなど、交流の場が広がったり人脈も広がります。また、直接人と接する時間が増えるので、「とても気持ち良かったです」「また来ます」など、人とのふれあいは自分の頑張る糧にもなり、生きる喜びにもつながります。

副業するデメリット

個人的にはメリットの方が多いかと思いますが、もちろんデメリットも。本業以外の自分の自由な時間を使って、インストラクターという仕事をするので、単純に自由な時間が減ります。また、本業が忙しい方でタイムマネジメントが苦手な方には難しいかもしれません。また、体力的な問題などもあるようです。平日に仕事、休日にインストラクターとなると、なかなか自由な時間がとれません。体調が悪くてレッスンに穴をあけるわけにはいかないので、体調管理もとても大事になってきます。

7)インストラクターとして大切なこと

ボクササイズ

仕事にはそれぞれ大切なことがあります。それはインストラクターも同じことで、知っておかなければいけない大切なことがあるのです。

自分自身も成長させよう

スポーツインストラクターや、ヨガインストラクターなど、人の身体に関わることです。人とのコミュニケーションを大切にしましょう。また、人に指導するだけではなく、自分自身の学ぶ姿勢がとても大切です。知識や技術の勉強はもちろんですが、ヨガインストラクターなどは、自分自身を見本にしてレッスンを行っていくので、見本になれるようなポーズもとても大切です。本業の時間・副業の時間、また自分自身の学びや実践の時間もとるように心掛けましょう。

事務的な仕事もあります

また、副業をするということは、月々の収入などをまとめ、確定申告をしなければいけません。インストラクター業務だけではなく、事務作業も増えるということを覚えておきましょう。

8)副業のインストラクターに関するQ&A

インストラクターを副業として考えている人はたくさんいると思います。ここではよくある質問に関して解説していきます。

【Q1】どんな人が向いているの?

タイムマネジメントが上手な方。また、健康管理ができて、心にゆとりがある人が向いていると思います。どんなに指導力が高くても、健康があっての仕事なので、自分の本業と副業とのバランスをうまくとり、スケジュールが組める人が向いていると思います。

【Q2】どんな資格が必要?

指導する為にこれといった決まった資格はありませんが、インストラクターの仕事は人への指導です。指導者側の学びの場はなければ、話にはなりません。なにか資格を取る場合は、費用は期間、内容などを調べて通うようにしましょう。

【Q3】自分に出来るのか心配…

誰でもはじめてやることは心配はつきものです。知識や情報に不安があるのであれば、自分の学びの場をしっかりと確保し、情報収集をしましょう。また、体力的に心配であったりタイムマネジメントが苦手な方は、まずは自分の出来る範囲で始めて下さい。急に生活スタイルを変えるのではなく、長い目で考え、本業に支障が出ない程度に行っていきましょう。

今回はインストラクターを副業でするためには?をご紹介しました。好きなことを仕事にしたいという人が増えていたり、自分に合った働き方を探している方も多くいると思います。
ぜひ、本業とのバランスを上手くとり、自分に合った働き方を見つけて見て下さい。

フィットネス求人に関する無料相談はこちら

フィットネスコンシェルジュでは、フィットネス関連の資格・スクール・就職・転職の無料相談を受け付けています。

キャリアアドバイザーはこれまでに大手パーソナルジムや世界的フィットネスクラブでトレーナーとして働いていたので、現場をよく知っているからできるアドバイスができます。

資格・就職の無料相談はこちら

インストラクターを副業で?実際の働き方と注意点とは

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka