フィットネス業界に特化した総合サービス未経験採用、全国の学校選び、集客ツール

BLOG

マッサージの仕事に関する学校では何で学ぶ?選ぶポイントは?

現代はストレス社会です。便利になったはずの世の中が窮屈に感じている人が増えています。心と身体を癒やすことはとても大切な事でしょう。そんな人を助けているのがマッサージ師です。これから需要が増えていくであろうマッサージ師への道のり、学校の選び方等をご紹介します。

1)これからのオススメはマッサージ師

なぜマッサージ師がオススメ?

今の日本では年々癒やしを求めている人が増えています。精神的に癒やす事が大切だと感じる人が増えています。もちろん筋肉など、身体の痛みを癒やすことも大切です。精神的にも肉体的にも癒やしていく必要があるのです。

マッサージ師の種類は?

関連する資格はたくさんあります。ただマッサージ師といわれる職業は基本的にはあん摩マッサージ指圧師を指し、その資格は唯一の国家資格になっています。まずはどこを目指すのかを明確にする事が必要です。自分がやりたい分野では、どんな資格が必要なのかを事前に考えておきましょう。

独学で学ぶ事は可能?

マッサージ師の国家資格は数多くのことを学ぶ必要があります。その上で試験に臨まなければなりません。国家資格取得のためには学校への入学と卒業がほぼ必須とされています。

将来性は?

身体のケアを専門にする施設もあります。心を癒やすための部屋を運営している場所もあります。オフィスの一角で、短時間だけ施術する場所もあります。これからどんどん増えていき、減ることがない分野と言えるでしょう。文字通り「手に職をつける」というのがマッサージ師です。自分の身体1つでどこでも仕事をすることができます。そのスキルは様々な場面で役に立つことでしょう。

腰のマッサージ

2)学校を選ぶ上で一番大切な4点

ポイント1:カリキュラムはどのようなものでしょうか

自分が学びたい技術や知識をどれだけ学べるのかを確認します。カリキュラムには学校ごとに様々なコースがあります。自分が進みたい分野の学習ができるのかを確認しましょう。

ポイント2:受講費用を確認

費用はできるだけ抑えたいものです。ですが安くても高くても理由を考えてみましょう。規模や実績はどうなのでしょうか。立地的なものはどうなのでしょうか。就職や独立などへどうつながるのでしょうか。もちろん通いやすさも重要です。

ポイント3:受講期間や時間

昼の受講だけでなく夜間スクールも存在します。働きながら勉強する人にはフリータイム制もいいかもしれません。高校卒業してすぐに専門学校へ通う人は、時間的な余裕を生かしてより多くの分野を学ぶ事もできるはずです。

ポイント4:就職サポート

学校によっては就職率がほぼ100%というところもあります。逆に資格を取ることがゴールになっている学校もあります。将来的に独立を考えていても現場での経験は必要です。就職に強い学校は、その業界の事にも詳しいため、就職サポートの強さは大切です。

3)学校を上手に選別する方法とは?

自分にとって通いやすい場所かどうか

誰もが知っていて就職率が高い、最寄りの駅からも近い、そんな学校は多いかもしれません。ですが、その最寄り駅までは近いのでしょうか?その学校へ行くための手段は適切でしょうか?車で通う予定はありませんか?距離は離れていない場所でも交通網が不便な場合もあります。通いやすさはとても大切です。逆にこれはキチンと調べる事によって解決する事でもあるのです。

見学会に行ってみましょう

費用や場所に問題ない学校でも相性というものがあります。もちろん正規の授業をそのまま体験するのは難しいかもしれませんが、学校の雰囲気や空気を感じる事ができます。校舎の色合いや騒音などから感じる事は多いはずです。精神的なものですが、心の癒やしの技術はこんなところから感じることもあるはずです。

座学と実技

学校の勉強方針によって座学と実技の力の入れ方にも違いがあります。指先から感じる世界もありますし、言葉から感じる世界もあります。学校のスタイルと自分のスタイルの参考になる要素です。学ぶ姿勢というよりも学ぶ方向を客観的にみる指標の1つになるはずです。

資格習得へつながっているでしょうか

就職率がほぼ100%でも資格取得率が低い学校があります。学校にとってのゴールと自分にとってのゴールが一致していないケースです。ただこのようなケースをしっかり調べることによって、自分の目指す分野が資格がいらず、その専門世界に行くことが重要な場合もあります。自分に必要な資格を調べる事と一緒に確認する事が大切です。

スキルアップへつながるでしょうか

マッサージ師になるということは一番大切なことでしょう。しかしいきなり一流になれるものでもありません。どのように進んでいきたいかという未来のビジョンを考えてみましょう。その上で学校へ通う時間をどう生かすかを考えて学校を選びましょう。

フェイスマッサージ

4)学校の雰囲気はどんな感じ?

年齢層は?

学ぶ人の年齢は18歳~60歳と幅広い世代がいます。専門学校は高校を卒業してすぐに行くイメージがあると思います。ですが専門職なので様々な年代の人がいるのです。20才前の女の子と60才を超えた男性が一緒に机を並べている光景はとても不思議に映るかもしれません。

マッサージ師はどんなイメージ?

マッサージをやる人のイメージはどんな人でしょうか。指先の力が強い人でしょうか?繊細なテクニックを持っている人でしょうか?いろいろ考えていてもイメージの中に「頭のいい人」というのはないのではないでしょうか?しかし専門の資格を持った技術者という表現がふさわしいのです。相手のことを考え、指先でも考え、様々な要素をまとめて施術していく技術が必要です。

勉強がぶっちゃけ難しい?

解剖学、生理学、病理学、臨床医学、リハビリなど、資格を得るためには必要な知識です。指圧だけを学ぶと思っていた人は学習する量に驚くかもしれません。総合的な知識が必要だからこそ国家資格なのです。

5)就職や給料についての本音とは?

よい条件を探しましょう

自分を高めることとよい条件がほぼイコールになります。知識と経験を積むことでマッサージ師としての評価があがります。多くの人をマッサージしていく経験がそのまま給料アップに繋がるケースが多いです。マッサージに関する資格も多いため、経験と技術が形になりやすい世界でもあります。

マッサージ師の給与相場は?

マッサージ師の給与相場は月給でおよそ18万円から20万円ほどと言われています。しかし業務内容や職場によって大きく異なるため好待遇で働いている人も少なくありません。

マッサージの種類で給与は変わります

マッサージの種類はいろいろあります。例えばあん摩マッサージや指圧は需要が多い分給与も多くなりやすいです。鍼灸は受ける方が少ない分給与もそれほど払えないそうです。どの種類のマッサージを行うかどうかも給与面では注目するべきポイントとなるでしょう。

フェイスマッサージ

6)マッサージの学校に関するQ&A

【Q1】男女の違いは?

女性のマッサージ師は繊細な身体のほぐし方が特徴です。男性のマッサージ師はより強いほぐし方をする方が多く、ひどいコリを持つ人に人気があります。近年は男性の力強いマッサージの人気が高まっています。

【Q2】子持ちや子育て中は?

技術職ですので時間の調整ができる職場が多くあります。子育てには多くの時間を必要とします。子育ての合間に仕事ができる職場を探しましょう。技術さえあればブランクがあっても問題ありません。女性が多く働いているため、理解されやすい職場であると言えます。マッサージの種類も多いため、短時間で施術できるものを選択することも可能です。

【Q3】大卒からのマッサージ師っているのでしょうか?

マッサージの専門学校には様々な年齢層の方がいます。大学を卒業してから技術を学ぶ人もいます。手に職をつけると言うことは漠然と就職するより有利に働きます。そしてこれから安定して需要が増える分野でもありますので、年々大卒で学ぶ方も増えてきています。

【Q4】技術さえあれば問題ないのでしょうか?

技術一辺倒になると非常に危険です。マッサージ師になるために専門学校に通っているという方は多いと思います。ですが技術のみではマッサージ師になることは出来ません。専門学校の知識は基本的なものなのです。言い方を変えればほとんどの人が同じレベルのものを身につけています。もちろん指先の器用さなど個人的な資質もありますが、人を相手にする技術です。身体だけを施術してもきちんと心まで手を伸ばす必要があるのです。

【Q5】優秀なマッサージ師ってどういう人なのでしょうか?

技術と心を両方兼ね備えている人です。人は話を聞いてもらえるだけで癒やされることもあります。そんな話術があればよりよいマッサージ師になれます。たくさんの人をマッサージすることによって技術が上がっていきます。学生時代の気持ちを常に持ち、基本に忠実な事も大切ですし、謙虚さも必要です。総合的な実力が必要になるため、情報を集め貪欲な人が優秀なのかもしれません。

【1】マッサージ師になるには国家資格以外にもいろいろあります。

【2】男性にも女性にも働き手を必要としています。

【3】学校選びは就職やその先まで考えるとよいでしょう。

【4】勉強が難しい事を忘れないでください。

【5】技術だけでなく、心と体を癒やす努力が大切です。

【6】自分の生活に合った仕事がしやすいです。

【7】マッサージ師とはまさに「手に職」の代名詞です。

フィットネス求人に関する無料相談はこちら

フィットネスコンシェルジュでは、フィットネス関連の資格・スクール・就職・転職の無料相談を受け付けています。

キャリアアドバイザーはこれまでに大手パーソナルジムや世界的フィットネスクラブでトレーナーとして働いていたので、現場をよく知っているからできるアドバイスができます。

資格・就職の無料相談はこちら

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka