ストレッチ講師としてお勧めの資格まとめ!成功のコツとは?

ストレッチ講師としてお勧めの資格まとめ!成功のコツとは?

近年は、健康への意識が高い人も多く、フィットネスジムやスポーツジムへの関心が高まっています。体を動かす上で、身体を伸ばすストレッチはとても大切なことです。そこで今回は、スポーツに関わる仕事をしたいという人がストレッチ講師になるためにオススメの資格についてご紹介します。

1) そもそもストレッチ講師って何?

そもそもストレッチ講師とは何?という人もいますので、最初にストレッチ講師とはどんな仕事なのかということをご紹介します。

ストレッチ講師の役割

ストレッチ講師とは、ストレッチジムスポーツジムフィットネスジムなどで正しいストレッチ方法を利用者に指導する役割があります。ストレッチジムでは、対象者であるお客様の体をマンツーマンで伸ばしたり柔らかくすることを目的としています。

ストレッチでは、体の可動域を広げる中で血流をよくしたり筋肉のこわばりを解いたりして、肩こり腰痛姿勢代謝などさまざまな問題を解決することができます。さらには疲れにくくしたりダイエットを促進させたり、スポーツのパフォーマンスをアップさせたりします。こうしたトレーナーの仕事を中心としつつ、その他の業務としては、開店準備受付集客閉店準備などが含まれることもあります。

ストレッチトレーナーの待遇や給与はどれぐらい?

所属する会社によりますが、ストレッチ講師でアルバイトの場合は、平均して時給960~1,200円くらいです。一方、正社員は平均して月収19万円台から25万円くらいが多いです。ですが、中には未経験でも月収50万円超えという場合もあるようです。

ストレッチトレーナーの経験者や、整体・コンディショニング等類似性がある業務からの転職者ですと、さらに優遇される場合もあります。

2) 3級パーソナルストレッチベーシックトレーナー

公園 ストレッチ

ストレッチ講師の仕事についてわかったところで、ここからはストレッチ講師の資格についてご紹介します。最初にご紹介するのは、IBMA認定の3級パーソナルストレッチベーシックトレーナー資格取得コースについてです。

パーソナルストレッチベーシックトレーナーとは?

パーソナルストレッチベーシックトレーナーとは、カラダの仕組みに対する理解を深め全身24部位の筋肉に対するストレッチの基本的なテクニックを習得できる資格です。 パーソナルストレッチベーシックトレーナーを取得すると、マット・ベッドの両方で対応できる60分程度のストレッチのサービスを提供するスキルが習得できます。

カリキュラム

3級 パーソナルストレッチベーシックトレーナー資格取得コースのカリキュラムは以下の通りです。

第1回
2単位
・解剖学1
・ストレッチ理論
・基礎解剖学(筋肉・骨・関節の動き)

第2回
2単位
・ストレッチベーシック1
・下腿部のストレッチ法(腓腹筋・ヒラメ筋)
・大腿部のストレッチ法(長内転筋・薄筋・大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)
・臀部のストレッチ法(大臀筋・中臀筋)

第3回
2単位
・ストレッチベーシック2
・体幹部のストレッチ法
(脊柱起立筋・多裂筋・回旋筋・広背筋・大胸筋鎖骨部・大胸筋胸肋部・大胸筋腹部)
・骨盤周辺筋のストレッチ法(腸腰筋)
・大腿部のストレッチ法(大腿直筋)

第4回
2単位
・ストレッチベーシック3
・肩部のストレッチ法(三角筋鎖骨部・三角筋肩峰部・三角筋肩甲棘部・僧帽筋上部)
・腕部のストレッチ法(上腕二頭筋・上腕三頭筋)
・ストレッチのフロー(24部位・約60分)
・試験対策・復習

第5回
・IBMA資格認定試験
認定試験受講には8単位全ての取得が必要です。
最短資格取得時間 12時間+試験

コース料金

パーソナルストレッチベーシックトレーナー資格取得コースの料金は¥99,000となっています。これはテキスト、資格認定テスト含む料金です。試験合格までの間、何度でもリピート受講が可能です。

3) 2級パーソナルストレッチアドバンストレーナー

ストレッチ 女性

続いてご紹介する資格は、IBMA認定のパーソナルストレッチアドバンストレーナー資格取得コースです。

パーソナルストレッチアドバンストレーナーとは?

パーソナルストレッチアドバンストレーナーでは、17部位の筋肉のマッスルナビゲーション(触診法)や姿勢改善アプローチを学び、インナーマッスル(深層筋)にもアプローチするストレッチ法を習得します。アドバンス資格を取得すると、慢性痛の改善など幅広いアプローチができるスキルが身につきます。

カリキュラム

2級パーソナルストレッチアドバンストレーナー資格取得コースのカリキュラムは以下の通りです。

第1回
2単位
・ストレッチアドバンス1
・マッスルナビゲーション・姿勢チェック法
・大腿部のストレッチ法(縫工筋)

第2回
2単位
・ストレッチアドバンス2
・大腿部のストレッチ法(大腿筋膜張筋)
・骨盤周辺筋のストレッチ法(深層外旋六筋)
・下腿部のストレッチ法(前脛骨筋・後脛骨筋)
・肩深層筋のストレッチ法(大円筋)

第3回
2単位
・ストレッチアドバンス3
・背部のストレッチ法(菱形筋)
・体幹部のストレッチ法(前鋸筋)
・肩深層筋のストレッチ法(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)

第4回
2単位
・ストレッチアドバンス4
・頚部のストレッチ法(肩甲挙筋・胸鎖乳突筋)
・ストレッチのフロー(40部位・約90分)
・試験対策・復習

第5回
・IBMA資格認定試験
認定試験受講には8単位全ての取得が必要です。
最短資格取得時間 12時間+試験

コース料金

パーソナルストレッチアドバンストレーナー資格取得コースの料金は¥108,000となっています。これはテキスト、資格認定テスト含む料金です。試験合格までの間、何度でもリピート受講が可能です。

4) 1級パーソナルストレッチマスタートレーナー

続いてご紹介するのは、IBMA認定のパーソナルストレッチマスタートレーナー資格取得コースです。

パーソナルストレッチマスタートレーナーとは?

パーソナルストレッチマスタートレーナーでは、指導法を学び、ベーシックトレーナー・アドバンストレーナーの育成が出来る資格の取得を目指します。資格取得後はIBMAのバックアップにより認定校や認定教室の開講が可能になります。

カリキュラム

1級パーソナルストレッチマスタートレーナー資格取得コースのカリキュラムは以下の通りです。

第1回
2単位
・ストレッチマスター1
・ストレッチベーシック資格コース指導法

第2回
2単位
・ストレッチマスター2
・ストレッチベーシック資格コース指導法

第3回
2単位
・ストレッチマスター3
・ストレッチアドバンス資格コース指導法

第4回
2単位
・ストレッチマスター4
・ストレッチアドバンス資格コース指導法

第5回
・IBMA資格認定試験
認定試験受講には8単位全ての取得が必要です。
最短資格取得時間 12時間+試験

コース料金

パーソナルストレッチマスタートレーナー資格取得コースの料金は¥120,000となっています。これはテキスト、資格認定テスト含む料金です。試験合格までの間、何度でもリピート受講が可能です。

5)他にストレッチ講師として取得するといい資格は?

ストレッチ 女性

ここまでストレッチ講師の資格についてご紹介しましたが、ほかの資格も取得しておけば幅広い場で活躍することができます。

日本体育協会認定「スポーツ指導者」の「指導員」

最初にご紹介するのは、日本体育協会認定スポーツ指導者」の「指導員」です。フィットネスクラブやスポーツジムなどの運動施設で、利用者の指導ができる能力があると認められた人に与えられる資格です。

日本体育協会の指定する大学や短大、専門学校で学ぶと講習や試験の一部が免除されます。そうではない人でも、18歳以上であればNHK学園の通信講座を35時間、都道府県の体育協会などが実施する講座を40時間以上受講して判定基準を合格すれば与えられます。

NSCAの「NSCA認定パーソナルトレーナー」

続いてご紹介するのは、日本ストレングス&コンディショニング協会(NSCA)の「NSCA認定パーソナルトレーナー」という資格です。利用者の年齢や性別・経験を問わず、幅広い人たちに対してトレーニングの指導を行うことができると認められた人に与えられる資格です。

この資格は講習会を受講して修了証を取得した後に、資格試験に合格すれば認定証がもらえます。多くに人の要望に答えられるようなフィットネスインストラクターになるために、この資格を持っていると心強いですね。

筋トレインストラクター認定試験

続いてご紹介する資格は、日本インストラクター技術協会の筋トレインストラクター認定試験です。筋トレインストラクターとは、日本インストラクター技術協会の民間資格、筋トレインストラクター認定試験を合格した人に与えられる資格です。

筋トレインストラクターとして、筋トレに関する基本的な知識を有していることを証明することができます。

筋肉を鍛えるのに効率的にトレーニングを行う方法を理解していることが証明されるので、資格取得後には筋トレインストラクターとして活動することができます。

6) ストレッチ講師に関するその他のQ&A

ここまで、ストレッチ講師についてご紹介しましたが、まだわからないことが多いという人もいますので、最後にストレッチ講師に関するQ&Aをご紹介します。

【Q1】ストレッチ講師として成功するコツは?

健康志向の高い人が身体を動かす機会が多くなり、ストレッチ講師に対しての需要も高まりつつありますが、まだ知名度はそこまで高くありません。

ストレッチ講師として成功するコツを知りたいと感じている人もいますが、講師として成功するためにはコミュニケーション能力を持っていることがとても大切です。また、ストレッチだけではなくスポーツに関しての知識身体のことについての知識を持っていることで活躍の場を広げることも成功するコツの1つです。

【Q2】ストレッチ講師の求人の探し方は?

せっかくストレッチ講師の資格を取ったけど、実際に就職活動をするときにどうしたらいいのかわからないという人も多いです。ストレッチ講師の活躍できる場所として、ストレッチジムスポーツジムフィットネスジムなどがありますが、近年はそうした施設への需要が高まっていることから求人も多くなっています。

よくある求人サイトでも、求人を見つけることができます。それ以外にもスポーツ関係の就職を考えている人であれば、スポーツ関係の就職・転職支援専用サイトもありますので、そちらもチェックしてみてはいかがでしょうか?

今回は、ストレッチ講師についてご紹介しました。運動をする際にはしっかりストレッチをすることが大切ですので、健康志向の高い人が多くなっている現代では、ストレッチに対しての関心も高くなりつつあります。もし、スポーツに関わる仕事をしたいという人は、ぜひストレッチ講師の資格を取得してみてください。
ストレッチ講師としてお勧めの資格まとめ!成功のコツとは?

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka