【注目の資格】ストレッチに関連する資格を比較して解説

【注目の資格】ストレッチに関連する資格を比較して解説

ストレッチとは、筋肉を伸ばすことでその筋肉の状態を良好にするための動作や運動をいいます。正しいストレッチで怪我の予防やパフォーマンスの向上、姿勢の改善などの効果も期待できます。効果的なストレッチのために、ストレッチに関する認定資格も注目されています。

1)ストレッチとはどんな運動?

ストレッチは1970年代後半から急速に広がった運動概念です。現在ではスポーツ科学の進歩によって、ストレッチの実践方法も変わってきています。

ストレッチの種類

ストレッチには、筋肉をゆっくりと伸ばす「静的ストレッチ」と、動作を伴いながら筋肉を伸ばす「動的ストレッチ」があります。

(1)スタティックストレッチ

同じ姿勢を維持しながら、ゆっくりと筋肉を伸ばす方法です。一般的にストレッチとしてイメージされるのはこの方法で、静的ストレッチにあたります。

(2)バリスティックストレッチ

反動をつけて行うストレッチで、動的ストレッチにあたります。アキレス腱を伸ばすストレッチや前屈運動などを、反動をつけてやる場合があります。反動を利用する分、筋肉を伸ばす効果は高いですが、急激に筋肉を引き延ばすので筋肉や腱を痛める可能性もあり、専門家の指導を受けて行うことが望ましいといえます。

(3)ダイナミックストレッチ

体を動かしながら筋肉を伸ばす方法です。動的ストレッチであり、ラジオ体操はダイナミックストレッチにあたります。体を大きく動かしながら行うため心拍数や体温が適度に上がり、筋肉が伸びやすい状態になります。

いつ、どんなストレッチを行うのが正しい?

ストレッチは運動の前後に行うイメージがありますが、運動の前と後では必要なストレッチが異なることがわかっています。怪我を予防しパフォーマンスを上げるためには、ストレッチの使い分けが必要です。

(1)運動前

怪我を防ぐ目的で、準備体操としてゆっくりと柔軟体操をした経験がある人も多いと思います。以前はスタティックストレッチ(静的ストレッチ)で筋肉の柔軟性を高めると、怪我を防げると考えられていました。しかし調査・研究の結果、運動前のスタティックストレッチには怪我の予防効果は期待できないことがわかっています。現在は、運動前には体を動かしながら筋肉を伸ばすダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)の方がパフォーマンス向上に効果があると考えられています。

(2)運動後

運動後の疲労した筋肉の回復に有効なのはスタティックストレッチです。ゆっくりと20秒程度筋肉を伸ばすことで、疲労回復とリラックスの効果があります。

2)ストレッチの代表的な5つの効果とは?

ストレッチをする女性

今、全国にストレッチ専門店がオープンしています。テレビや雑誌でも、ストレッチの特集を度々見かけます。運動の前後に行うストレッチ以外に、日常的にストレッチを行うことで、どのような効果が得られるのでしょうか。

効果1:姿勢を改善する

姿勢が悪いことで実際よりも背が低く見えたり、太って見えたり、実年齢よりも老けて見えることもあります。見た目だけではなく悪い姿勢は、腰痛や肩こり、眼精疲労や頭痛の原因になることもあります。ストレッチで固まった筋肉をほぐし、姿勢を改善する事で、姿勢改善以外にもうれしい効果がたくさん期待できます

効果2:疲労回復

筋肉は、血液を心臓へ送る補助ポンプの働きもしています。筋肉が凝り固まるとポンプの機能が弱まり、血流が悪くなることがあります。ストレッチで筋肉をほぐすことで血行が促進され、全身に酸素や栄養素が十分に届けられれば、疲労も早く回復させることができます。

効果3:冷えやむくみの改善

冷えやむくみも、血流が滞ることが原因でおこることがあります。ストレッチを行い、血流が促進されれば、冷えやむくみも改善が期待できます。

効果4:怪我を予防してトレーニング効果を高める

運動の前に準備体操をした方が良いことは昔からいわれていますが、最近の運動科学の進歩によって、運動をする前には、ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)が有効ということがわかっています。

効果5:リラックス効果がある

ストレッチは副交感神経を優位にすることから、リラックス効果があります。特にスタティックストレッチは呼吸を止めずにゆっくりと筋肉を伸ばすことで、心身の緊張をほぐすことができます。

3)ストレッチに関係する資格は?

ストレッチをする女性

ストレッチを指導したり施術するにあたって、必ず取得しなければならない資格はありません。しかし十分な知識と技術を持っていることを証明し、信用を得るためにも資格を取得しておくことは有効といえます。専門学校や各協会団体などの独自の認定資格があります。

その1:日本ストレッチトレーナー学院

テレビなどでも活躍されている兼子ただし氏が代表の専門学校です。将来的にはこれらの資格を国家資格にすることを目標に掲げ、解剖学など専門分野についても講義があります。

(1)ストレッチトレーナー

肩こりや腰痛などの症状をストレッチで改善する技術を、科学的・理論的に学びます。

(2)適正姿勢指導士

姿勢指導を取り入れたストレッチダイエットの指導ができます。また、小学校や幼稚園、保育園で子供たちにも姿勢指導をすることができます。

(3)ストレッチメンタルコーチング

思考力を向上させるためのメンタルコーチングが学べます。目標を達成するためには、どんな言葉を使い教える事が効果的なのか。ストレッチ指導の際に役立つ、心理学的側面や言語選択、言語覚醒の内容を学べます。

その2:日本ストレッチング協会

現在、日本ストレッチング協会で認定している資格は次の4種類です。

(1)JSA-CSTS(ストレッチングトレーナーセルフ)

セルフストレッチングとは、一人でできるストレッチングのことです。ストレッチングの基礎、関節の動き、機能解剖学に基づいた基本的な知識が身につきます。誰でも受講することができます。

(2)JSA-CSTP(ストレッチングトレーナーパートナー)

パートナーストレッチングとは、二人で行うストレッチングのことです。パートナーストレッチングの基本、リスク管理、代償動作などを学びます

(3)JSA-CSI(ストレッチングインストラクター)

パートナーストレッチングの応用と対象者別リスク管理を学びます。受講にはストレッチングトレーナーセルフとストレッチングトレーナーパートナーの取得が必要です。

(4)JSA-CSM(ストレッチングマスター)

セルフストレッチングの指導方法、スポーツ障害などを学びます。受講にはストレッチングインストラクターの取得が必要です。

その3:日本パートナーストレッチ&コンディショニング協会

機能解剖学やバイオメカニクス筋生理学やスポーツ医学などの幅広い専門知識を学習できます。ベーシックトレーナー、アドバンストレーナー、マスタートレーナーと、習得レベルに応じて認定試験を受け、基準点以上で取得できる資格です。

その4:国際ボディメンテナンス協会

触診法や筋バランスチェック法ストレッチテクニックといったパーソナルストレッチに必要な技術と、身体理論に基づくストレッチを提供できるトレーナーを育成するための資格です。
3級ベーシックトレーナー、2級アドバンストレーナー、1級マスタートレーナーの3段階があります。

4)どのような働き方がある?

ストレッチをする女性

ストレッチトレーナーという仕事はまだ新しく、今後、活躍の場が広がっていく可能性は大きいといえます。

ストレッチ専門店

現在、全国でストレッチ専門店がオープンしています。全国的にチェーン展開をしている企業や、小規模で地域密着型の店舗など、いろいろなタイプがあります。資格取得後に専門学校や協会団体で、仕事を斡旋してくれる場合もあるようです。

フィットネスクラブ、パーソナルトレーニングジム

トレーニングの前後にストレッチを取り入れることで、怪我の予防、パフォーマンスの向上、疲労回復などの効果が得られるため、ストレッチトレーナーによるストレッチの指導が入ると、トレーニングに大きな付加価値をつけることができます。

エステティック

施術メニューにストレッチを加えることでさらに血流が促進され、エステティックの施術効果を高めることが期待されます。姿勢指導を行えれば、他のエステティックとの差別化も図ることができます。

意外と需要がない、医療・福祉分野

リハビリやマッサージの需要が多い医療・福祉の分野では、ストレッチトレーナーが活躍できるように思えますが、医療・福祉の分野では国家資格である理学療法士や柔道整復師の配置があるため、ストレッチトレーナーの需要には直結していないのが現状です。しかし、メディカルスタッフや高齢者施設、障がい者施設の職員がストレッチトレーナーの資格を持っていることは、その職場にとっては付加価値となるので、資格取得は評価されるかもしれません。

5)ストレッチに関するQ&A

【Q1】ストレッチは毎日した方が良い?

同じストレッチを同じ時間行った場合の柔軟性についての効果を、1か月間で比較した研究結果では、週に1回行った時と週に3回行った時では、週に3回行った時の方が有意に柔軟性が増加しました。しかし、週に3日行った時と毎日行った時を比較した場合は、柔軟性に有意差は生じませんでした。

このことから、週に3日のストレッチで、柔軟性の効果は十分に出るといえます。ただし週に1回行った場合でも、6か月後には毎日行っている場合と同等の効果が出ています。また継続していたストレッチを止めてしまうと、柔軟性は低下してしまいますので、継続していくことが大切です。

【Q2】体が硬いのはストレッチで良くなる?

体が硬い人は、ストレッチの効果を実感するまでに、時間がかかるかもしれません。しかし、無理をして強く伸ばすよりも、少しずつ筋肉を伸ばしていく方が効果的です。正しいストレッチの方法を覚えて、少しずつ筋肉を伸ばす感覚をつかんでいきましょう。

【Q3】ストレッチをするのによい時間は?

ストレッチは体が温まった状態で行う方が効果的といわれます。自宅で行う場合は、入浴後が適しているといえます。

【1】ストレッチにはスタティックストレッチ(静的ストレッチ)ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)があります。

【2】運動前にはダイナミックストレッチ運動後にはスタティックストレッチを行うことで、怪我の予防やパフォーマンス向上、疲労の蓄積を防ぐなどの効果があります。

【3】ストレッチによって筋肉が伸ばされ血行が促進することで、冷えやむくみ、肩こりや腰痛などを改善する効果があります。

【4】ストレッチトレーナーとして必ず取得しなければならない資格はありません。

【5】ストレッチトレーナーとして知識や技術を向上するための、いろいろな認定資格があります。

【6】ストレッチトレーナーはまだ新しい仕事です。今後需要が高まり、活躍の場が広がる可能性は大きいと考えられます。

参照
【Wikipedia】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81
【MELOS】https://melos.media/training/21828/
【Hatena Blog リハビリmemo】https://www.rehabilimemo.com/entry/2015/08/24/225204
【ストレッチ専門学校ナビ】https://www.stretchnavi.com/school/interview/cat/column/shikaku/
【日本ストレッチトレーナー学院】http://stretch-trainer.com/
【TOREMO】https://toremo.jp/archives/9494
【特定非営利活動法人日本ストレッチング協会】https://j-stretching.jp/certification_system/

フィットネス求人に関する無料相談はこちら

フィットネスコンシェルジュでは、フィットネス関連の資格・スクール・就職・転職の無料相談を受け付けています。

キャリアアドバイザーはこれまでに大手パーソナルジムや世界的フィットネスクラブでトレーナーとして働いていたので、現場をよく知っているからできるアドバイスができます。

資格・就職の無料相談はこちら

【注目の資格】ストレッチに関連する資格を比較して解説

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka