柔道整復師になるには?資格ゲットまでの4ステップ

ここ最近、日本での健康意識は大きく高まっています。様々な健康系の職業があるなか、柔道整復師になりたい人も増えているようです。

しかし実際に、柔道整復師になる方法がわからないという人も。そこで今回は、柔道整復師になるにはどんなステップが必要か、大きく4つに分類してご紹介します!

1)柔道整復師になるには〜そもそも、柔道整復師ってどんな仕事?

理学療法士 仕事

柔道整復師は、打撲や捻挫、骨折などに対し施術を行う専門家です。

その源流は、戦国時代の武術にまでさかのぼれると言われています。「整復法」「固定法」「後療法」という3つ手法を駆使して、患者の怪我や慢性的な悩みに対応します。

柔道整復師と整体師の違いは、「国家資格であるかどうか」

よく、「柔道整復師と整体師って何が違うの?」と聞かれることがあります。

柔道整復師は、厚生労働大臣によって「医療類似行為」として認められている国家資格です。

それに対して、整体師は「日本標準産業分類」での定義によると、「温熱療法、光熱療法、電気療法、刺激療法などの医療類似行為をお行う者」という位置付けになっています。

つまり、整体師には特定の手技や技術が特定されていません。様々な手法で、患者に対応します。その手法の1つに柔道整復師の技術も含まれるため、ややこしくなっているのですね。

この2つの職業は、いずれも開業権があり、独立して整体院や整骨院などを経営することが可能です。

ただし柔道整復師の行う医療類似行為には保険が適用されるのに対して、整体師は「自由診療」という扱いで保険を使えません。

整体師の多くは民間資格と一緒に、国家資格も取得します。そのほうが幅広い分野で活動でき、かつ保険も使えるので患者さんの負担を軽減できるからです。

2)柔道整復師になるには〜柔道整復師になるまでの4ステップ

柔道整復師という職業の特徴、おわかりいただけましたか?ここからは実際に、柔道整復師になるにはどんなステップが必要かを見てみましょう!

ステップ1:高校卒業

柔道整復師になるには、国家資格の取得が必須。そのためには進学する必要があるので、高校を卒業していることが最低条件となります。

あるいは、文部科学省で定めている「高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)」に合格することで、高卒と同じ資格を得ることも可能です。

ステップ2:大学・短大・専門学校に入学

柔道整復師になるには高校から大学・短大・専門学校へと進学することとなります。ここ大事なのは、厚生労働省の許可が降りている「3年以上の学習が定められている」教育機関であることです。

【学校ではどんなことを学ぶの?】

具体的に大学や専門学校で何を学ぶのでしょうか?大阪にある「東洋医療専門学校」という機関の柔道整復師学科でみてみましょう。

  1. 解剖生理学(骨・関節・筋肉の機能など)
  2. 臨床柔整学(整復法、固定法の治療法を実践的演習)
  3. 柔道(基礎的な技術や礼儀作法について)

名前にもある通り、柔道をカリキュラムの1つとして取り組んでいる学校は非常に多いです。

そのため、柔道整復師で活動する人の中には学生時代から部活で武道に取り組んでいた人が、そのまま柔道整復師を目指すというケースもよくあるみたいですね。

【社会人から柔道整復師になるには「夜間部」などを活用しよう】

柔道整復師は学校での勉強が必須で、通信講座などでは取得ができません。もしもみなさんが社会人であれば、働きながら大学に通うのは難しいでしょう。

そこで活用したいのが、一部学校で取り組んでいる「夜間部」です。

日中は仕事、夜は学校とかなりハードな日程になってしまいますが、柔道整復師になりたい!という思いの強い方は、ぜひチャレンジしてみてください。

ステップ3:国家資格試験に合格

柔道整復師の国家試験は毎年3月初旬に、全国の主要都市で行われます。科目数は解剖学、生理学、一般臨床医学など計11科目となかなかの数です。

ちなみに、試験はマークシート形式にて行なっています。試験の実施を担当しているのは、厚生労働省の指定機関である「公益財団法人柔道整復研修試験財団」です。

【毎年6,000人以上が受験!合格率は6割前後】

気になる試験の合格率ですが、ここ数年は下の表のように推移しているようです。

試験実施年 受験者数 合格率
平成25年度 7,102名 75.3%
平成26年度 6,858名 65.7%
平成27年度 7,115名 64.4%
平成28年度 6,727名 63.5%
平成29年度 6,321名 58,4%

*公益財団法人柔道整復研修試験財団HPより

ここ5年は、一貫して6,000人以上が試験を受験しています。合格率も6割前後と決して低くありません。

また、合格者の8割〜9割が新卒、つまり初受験の方です。しっかり勉強すれば、一発合格も夢ではないということですね。

ステップ4:資格取得

柔道整復師の合格発表は、3月末に行われます。ただし、柔道整復師になるには試験合格後、免許の申請をする必要があります。

法律でも、「柔道整復師の資格の授与は、名簿に登録された時(試験合格時ではない)」と明記されているので、忘れないようにしておきたいですね。

3)柔道整復師になるには〜学費はどのくらいかかる?

柔道整復師になるには、学校への進学が必須。そうなるとやっぱり気になるのは「学費」ですよね。

学校によって大きく変わりますが、おおよそ次のような金額が必要になると考えられます。

  • 大学、短大の場合:約400万円〜約700万円
  • 専門学校の場合:約200万円〜約500万円

傾向として、専門学校の方が安めに設定されていることが多いです。しかし、どの学校もトータルで200万円以上はかかると思っておきましょう。

奨学金もうまく活用しよう!

柔道整復師の学校は大学、短大、専門学校と奨学金制度の活用ができる教育機関ばかりです。

奨学金は無利息のものから、有利子のものまで豊富な種類があるので、その後の返済プランも考えてどこに申請を出すか合わせて検討してみましょう。

柔道整復師の試験、免許申請にはいくらかかるの?

ちなみにですが、柔道整復師の試験は「16,500円」の受験手数料がかかります。

そして、試験合格後の申請手数料は4,800円、さらに登録免許税で9,000円が別途かかります。

4)柔道整復師になるには〜免許獲得後の職場

電気治療

柔道整復師の活動の場は、何も接骨院、整骨院だけではありません。とくに近年は、国家資格である柔道整復師になれれば様々な職場で働けます。

①病院・診療所

病院・診療所では、医療スタッフとして、骨・筋・関節などの治療を行います。また病院・診療所では、障害者や高齢者を対象にしたリハビリのスタッフとしても活躍できます。

②接骨院

接骨院では、柔道整復師の技術を活かして患者さんの怪我や痛みを治療します。また実務を経験しながら、技術・知識を取得します。下積みで働きながら、将来的に独立開業するという方が非常に多いです。

③スポーツトレーナー

スポーツトレーナーは、プロスポーツ選手のトレーナーや、スポーツジムでのアドバイザーとして活躍します。

生涯スポーツの普及によって、地域医療の現場ではスポーツ医学を中心とした取り組みも増加しています。スポーツ選手のパフォーマンスを最大限に発揮できるようサポートしたり、安全にスポーツを楽しめるよう指導するという活動も行われているようです。

④ケアマネージャー

ケアマネージャーは、介護保険利用者の相談に応じて、最適な介護サービスを受けられるようケアプランを作成します。

また行政や施設のコーディネートもします。ケアマネージャーになるなら別途資格が必要で、介護の実務経験5年以上で受験資格を得られます。

⑤独立・開業

柔道整復師の国家試験に合格することで、独立開業することができます。

とはいえ、いきなり独立するのはリスクが高いため、数年間ほど接骨院で経験を積んだ後に独立開業するケースが一般的です。その数年の間に、しっかりとノウハウを身に付けるようにしましょう。

⑥機能訓練指導員

機能訓練指導員は、福祉施設で高齢者などを対象に、リハビリを指導します。リハビリによって、日常生活を営む上で必要な機能の減退を防ぎます。この業務は、柔道整復師の資格を持っていることで行うことができます。

柔道整復師になるには、専門の教育機関に通学することが必須です。

今高校生の方はもちろん、 社会人で柔道整復師になるにはどうすればいいだろう?と悩んでいる方は、学校探しや学費の用意など、できるところから準備を始めていきましょう!

資格・就職の無料相談はこちら

6)柔道整復師に関するその他のQ&A

【Q1】柔道整復師の試験はどんな科目があるの?

柔道整復師の試験科目は、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論及び関係法規などがあります。

【Q2】柔道整復師の試験はどこで行われるの?

柔道整復師の試験は、全国10箇所の主要都市で行われます。その具体的な都市は、北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県です。

【Q3】柔道整復師に向いているのはどんな人?

テーピングや固定など、施術には細かな作業があるため手先が器用な人は適性があると言えます。

一方で柔道整復師は、幅広い世代の人を施術するため、患者さんとの信頼づくりが重要です。気配りや対応力、コミュニケーション能力が、技量と同じくらい求められます。

患者さんの話を聞くことは、症状や原因を知るためにとても重要なスキルです。患者さんの中には、自分の症状を上手に説明できない人もいます。彼らの悩みをうまく引き出すことができてこそ、正しい処置が可能となるのです。

フィットネス求人に関する無料相談はこちら

フィットネスコンシェルジュでは、フィットネス関連の資格・スクール・就職・転職の無料相談を受け付けています。

キャリアアドバイザーはこれまでに大手パーソナルジムや世界的フィットネスクラブでトレーナーとして働いていたので、現場をよく知っているからできるアドバイスができます。

資格・就職の無料相談はこちら

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka