フィットネス業界に特化した総合サービス未経験採用、全国の学校選び、集客ツール

BLOG

柔道整復師になるには?資格ゲットまでの4STEP総まとめ

柔道整復師になるには、どうすれば良いか知ってますか?柔道整復師になるには資格が必要です。資格をゲットするまでには、どのようなステップで進めば良いか紹介します。その手順を知っておけば、効率良く資格取得までの学習を進めることが可能になるでしょう。

1)柔道整復師とはどんな仕事なの

理学療法士 仕事柔道整復師は、打撲や捻挫、骨折などに対し施術を行う専門家です。柔道整復師は、厚生労働大臣によって医業類似行為が認められた国家資格なのです。柔道整復師の資格を持つことで、骨つぎ、接骨師、整骨師として活躍できます。

柔道整復師の技術は、柔道から派生した日本独特の伝統療法です。柔道整復師の技術は、柔道整復術と言います。その柔道整復術で、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対して、手技によって整復・固定などを行い、身体に本来備わっている治癒能力を最大限に引き出して治療します。整骨院などで働くのが一般的ですが、スポーツトレーナーや機能訓練指導員として介護の分野で活躍する人もいます。

2)柔道整復師の資格取得までの4STEP

STEP1:高校卒業

柔道整復師になるには、まず高等学校を卒業する必要があります。または、法令で定める高校卒業と同等以上の資格を取得ことでも代替できます。これが、柔道整復師を目指す場合の第一歩になります。

STEP2:大学・短大・専門学校に入学

高校卒業後は、養成学校や柔道整復科のある大学・短大・専門学校で学びます。高校から直接入学するほかに、一般学校から柔道整復師になるための専門の学校で学び直す場合もあります。

柔道整復師になるには、柔道整復師養成施設となっている厚生労働大臣が認定した3年制以上の専門学校や、柔道整復学科のある文部科学大臣が認定した4年制大学、3年以上の短期大学に進学して、解剖学や生理学・運動学などの基礎科目・柔道整復実技などの専門科目について履修する必要があります。そして柔道と整復の認定実技試験に合格することで、国家試験の受験資格が得られます。

STEP3:国家資格試験に合格

柔道整復師の国家試験は毎年3月初旬に、全国の主要都市で行われます。試験は厚生労働省の指定機関、公益財団法人柔道整復研修試験財団が実施します。試験はマークシート形式で行われます。ここまでの努力を無駄にしないよう、万全の体制で試験に臨みましょう。

STEP4:資格取得

柔道整復師の国家資格試験に合格すれば、晴れて資格取得となります。合格発表は3月末に行われます。

3)柔道整復師としての仕事の選択肢は?

電気治療

柔道整復師として仕事を選ぶ場合、多くの仕事があります。病院・診療所の医療スタッフ、接骨院開業、スポーツトレーナーなどがそれです。また、高齢社会の到来や、スポーツ人口の増加によって、医療現場以外にも、福祉分野やスポーツ界でも柔道整復師が求められています。

病院・診療所

病院・診療所では、医療スタッフとして、骨・筋・関節などの治療を行います。また病院・診療所では、障害者や高齢者を対象にしたリハビリのスタッフとしても活躍できます。

接骨院

接骨院では、柔道整復師の技術を活かして患者さんの怪我や痛みを治療します。また実務を経験しながら、技術・知識を取得します。将来的に独立開業するためのノウハウも、身に付けましょう。

スポーツトレーナー

スポーツトレーナーは、プロスポーツ選手のトレーナーや、スポーツジムでのアドバイザーとして活躍します。近年の生涯スポーツの普及によって、地域医療の現場ではスポーツ医学を中心とした取り組みも増加しています。スポーツ選手のパフォーマンスを最大限に発揮できるようサポートしたり、安全にスポーツを楽しめるようにサポートを行ったりします。

ケアマネージャー

ケアマネージャーは、介護保険利用者の相談に応じて、最適な介護サービスを受けられるようケアプランを作成します。また行政や施設のコーディネートもします。ケアマネージャーになるには、介護の実務経験5年以上で受験資格が得られます。

独立開業

柔道整復師の国家試験に合格することで、独立開業することができます。とはいえ、いきなり独立するのはリスクが高いため、数年間ほど接骨院で経験を積んだ後に独立開業するケースが一般的です。その数年の間に、しっかりとノウハウを身に付けるようにしましょう。

機能訓練指導員

機能訓練指導員は、福祉施設で高齢者などを対象に、リハビリを指導します。リハビリによって、日常生活を営む上で必要な機能の減退を防ぎます。この業務は、柔道整復師の資格を持っていることで行うことができます。

4)社会人から柔道整復師へのキャリアチェンジも可能

整体 治療

柔道整復師は、学生でなければ目指すことができない資格ではありません。学校によっては、夜間部もあるため、仕事をしながら学ぶこともできます。夜間部では特に、幅広い年齢の人たちと共に柔道整復師の資格取得を目指すことができます。

5)間違わないように!整体師との違いとは?

柔道整復師と整体師は混同されがちですが、その役割には大きな違いがあります。主に違いは2点。1つは資格の種類が違います。柔道整復師は国家試験が必要です。整体師は民間の資格です。そしてもう1つの違いは、患者さんに対する行為に保険が適用されるかどうかです。柔道整復師は、治療行為に対し医師と同じように保険が適用されます。整体師の場合は、医療類似行為となるため保険は適用されません。

6)柔道整復師に関するその他のQ&A

【Q1】柔道整復師の試験はどんな科目があるの?

柔道整復師の試験科目は、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論及び関係法規などがあります。

【Q2】柔道整復師の試験はどこで行われるの?

柔道整復師の試験は、全国10箇所の主要都市で行われます。その具体的な都市は、北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県です。

【Q3】柔道整復師に向いているのはどんな人?

柔道整復師は、幅広い世代の人を施術するため、患者さんとの信頼づくりが重要です。気配りや対応力、コミュニケーション能力が、技量と同じくらい重要な資質になります。柔道整復師の仕事は、手技など身体を使うことが多い仕事です。患者さんを治す立場である以上、安心して施術を受けてもらうためにも、柔道整復師自身が心身ともに健やかであるよう勤めましょう。

またテーピングや固定など、施術には細かな作業があるため手先が器用な人は適性があると言えます。患者さんの話を聞くことは、症状や原因を知るためにとても重要なスキルです。患者さんの中には、自分の症状を上手に説明できない人もいます。また、話すことで不安が和らぐ人もいます。相手の話をていねいに聞き取る対応が不可欠です。施術の流れや症状について正しく伝えることも、医療従事者に欠かせないスキルです。

柔道整復師は謙虚な気持ちを持つことも必要です。柔道整復師としての技量ばかりではなく、患者さんへの配慮を欠かさないようにしましょう。患者さんの声にしっかりと耳を傾ける誠実さが信頼を生みます。社会の変化と共に、新しい痛みの症状も出てきています。スマートフォンの普及による手指の痛みや、首や肩の痛みの多発もその一例です。そのような新しい症状に対して柔道整復術を用いてどのように治療できるのか、試行錯誤する探究心を常に持ち続けるようにしましょう。

【1】柔道整復師は、打撲や捻挫、骨折などに対し施術を行う専門家の仕事

【2】柔道整復師になるには、高校卒業、大学・短大・専門学校に入学、国家資格試験に合格して資格取得が必要

【3】柔道整復師は病院・診療所の医療スタッフ、接骨院開業、スポーツトレーナーなどの仕事の選択肢がある

【4】柔道整復師と整体師、その役割には大きな違いがある

【5】柔道整復師は気配りや対応力、コミュニケーション能力が、技量と同じくらい重要

【参考】
・マイナビ進学(https://shingaku.mynavi.jp/
・日本医学柔整鍼灸専門学校(https://www.jusei-sinkyu.com/
・米田柔整専門学校(http://yoneda.ac.jp/
・スタディサプリ進路(https://shingakunet.com/
・Studyplus(https://www.studyplus.jp/
・学校法人滋慶京都学園京都医健専門学校(https://www.kyoto-iken.ac.jp/index.html
・学校法人滋慶文化学園福岡医健・スポーツ専門学校(https://www.iken.ac.jp/
・看護医療進学ネット(https://www.ishin.jp/
・柔整スタディ(http://www.judo-ch.jp/seifukusisrch/jusei-study/

フィットネス求人に関する無料相談はこちら

フィットネスコンシェルジュでは、フィットネス関連の資格・スクール・就職・転職の無料相談を受け付けています。

キャリアアドバイザーはこれまでに大手パーソナルジムや世界的フィットネスクラブでトレーナーとして働いていたので、現場をよく知っているからできるアドバイスができます。

資格・就職の無料相談はこちら

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka