【比較まとめ】トレーナーに関する資格種類を解説

【比較まとめ】トレーナーに関する資格種類を解説

体を動かすのは好きだし人に教えるのも好き、体を動かすことで人をサポートしたいという人には、トレーナーのお仕事をオススメします。ですが、トレーナーの仕事と簡単に言っても実際にはトレーナーにもさまざまな種類があります。そこで、今回はトレーナーの仕事についてと、トレーナーの仕事をする上で役に立つ資格についてご紹介します。

1)トレーナーってどんなお仕事?

トレーナーって具体的にどんな仕事をしているのかと疑問に思っている人も多いと思います。最初にトレーナーの仕事についてご紹介します。

トレーナーの役割

トレーナーとは、競技の練習の指導アスリートのコンディションを整えるなどの役割を担っています。指導する相手は、トップアスリートはもちろんのこと、トップアスリートの卵であるジュニアアスリートなどを指導する仕事もあります。また、競技を趣味で楽しみたいという人や、中には特定の競技というわけではなく健康やダイエットのために体を動かしたいという人に対しての運動指導など、幅広い仕事があります。

トレーナーの仕事は、運動をしたいという人たちが安全でかつ自分の能力を最大限発揮して、競技に臨めるようにサポートする事です。トレーナーは、インストラクターやコーチと呼ばれるケースもあります。

トレーナーに向いている人って?

続いて、トレーナーに向いている人の特徴についてご紹介します。

(1)コミュニケーション能力がある
これはどの仕事でもいえることではありますが、コミュニケーション能力はトレーナーになるために必要不可欠な能力です。競技者に安全に運動を楽しんでもらうためには、正しい体の動かし方を指導する必要があります。それは運動する上ではどの競技にも当てはまることで、正しい運動法を指導できなくては思わぬケガや事故につながってしまうことがあります。

利用者に正しい運動法を理解してもらうためには、なぜこのような運動方法がいいのかということを理解してもらえるように説明する必要があるので、コミュニケーション能力は大切です。

コミュニケーション能力が必要だというと、「自分から話すのは苦手だからダメか」と感じる人もいますが、話す事が得意というよりも丁寧に説明できる語彙力、そして競技者の話にきちんと耳を傾けることができるかどうかということのほうが大切です。

トレーナーを目指す人は普段から周囲の人の話をよく聞けるように心掛ける必要があります。

(2)運動に関して詳しい人
トレーナーをするうえで、やはり運動や競技に関して詳しいということが求められます。指導される人の立場からすれば運動経験が乏しいトレーナーでは、いくら知識があっても信頼しにくくなります。一方、経験も知識も豊富に持っている人から指導を受けられるということで、利用者からの信頼度が上がります。

トレーナーはいわば人気商売で、利用者が増えなければ仕事になりませんし、利用者を集めるためには利用者から信頼される指導者である必要があります。トレーナーになる人には、運動や競技の経験があった方が信用されやすいでしょう。

トレーナーの主な就職先は?

トレーナーの主な就職先ですが、以下の通りです。

・プロスポーツチーム
・ジュニア、ユースのスポーツチーム
・実業団のスポーツチーム
・スポーツクラブ
・スポーツジム
・スポーツ選手との専属契約
・一般向けのフィットネスクラブ
・病院・学校・整骨院・介護福祉施設・老人福祉施設
・公共の体育施設

2)トレーナーになるためには?

ジム

では、トレーナーになるためにはどうしたらいいのでしょうか?ここでは、トレーナーになるための方法をご紹介します。

スポーツジムやフィットネスジムで勤務する

トレーナーになるためには、スポーツジムやフィットネスジムで勤務して、指導経験を積むということはとても大切なことです。いくら運動に関しての知識や経験があっても、現場の様子を知らなければ実際に利用者にわかりやすく指導するのは難しいです。

近年は、ダイエット目的や健康目的でスポーツジムやフィットネスジムを利用する人も多く、スポーツジムやフィットネスジムの施設数や求人も多くなっています。まずはアルバイトやパートとして勤務して、現場の雰囲気を知るということをオススメします。

資格を取得する

トレーナーになるために大切なことはもう1つあります。それは資格を取得するということです。トレーナーになるのに、特定の資格が必要というわけではありません。ですが、利用者からの信頼を得るためには、運動指導の技術を持っていることを証明する資格を持っていた方が有利です。

また、専門知識を持っているということで現場でトレーナーとして活動する時にも自信をもって指導に当たることができます。トレーナーとして活動している人は資格を複数持っていることが多いです。

3)公益財団法人「日本体育施設協会」トレーニング指導士

トレーナーになるためには、スポーツジムやフィットネスジムで勤務するという方法もありますが、資格を持つことで活動できる範囲がさらに広がります。そこで、ここからはトレーナーになるためにオススメの資格をご紹介していきます。最初にご紹介する資格は、公益財団法人日本体育施設協会」の「トレーニング指導士」という資格についてご紹介します。

この資格の特徴

トレーニング指導士は、スポーツジムやフィットネスクラブなどで行われる「ウエイトトレーニング」や「サーキットトレーニング」などを適切で効率的な、そしてケガなく安全にトレーニングできるように指導することができると証明する資格です。

トレーニング指導士の講習会は、4日間で23時間15分のカリキュラムを受講する必要があります。カリキュラムは以下の通りです。

・日本のスポーツの現状と課題
・トレーニングの理論
・トレーニングと傷害予防・復帰
・トレーニングの実際
・トレーニング施設の管理・運営
・スポーツ救急手当講習会

資格取得までにかかる費用

公益財団法人「日本体育施設協会」のトレーニング指導士の資格取得にかかる費用は以下の通りです。

(1)受講料・試験料
受講料:20,000円
認定試験:15,000円

(2)資格登録料
トレーニング指導士の資格は、資格登録が必要となります。資格登録料は20,000円です。また、4年ごとに講習会を受講して更新する必要があります。資格更新料が20,000」円かかります。

この資格を取得するメリットは?

トレーニング指導士の資格を持っていることで、スポーツジムやフィットネスクラブで正しいトレーニング方法を行うことができます。実は、ウエイトトレーニングやサーキットトレーニングはやり方を誤ってしまうと、思った通りの効果が出ないばかりか、ケガをしてしまう危険性もあるトレーニングです。プロであるトレーニング指導士が、正しく安全なトレーニング方法を指導する必要があるのです。

スポーツジムやフィットネスクラブを利用する人の多くが、健康やダイエットを目的としています。トレーニング指導士の資格を持っていることは、スポーツジムやフィットネスクラブを健康のためやダイエット目的で利用している人のニーズにこたえることができる、ということでトレーナーになるうえでメリットになります。

資格取得条件

公益財団法人「日本体育施設協会」のトレーニング指導士の資格取得条件は以下の通りです。
・満20歳以上の健康な男女であること

さらに次の3つのうち、どれかに該当すること
・レジスタンス(ウエイトトレーニングやサーキットトレーニングなど)か、エアロビックトレーニングの実務経験が1年以上あること
・体育系学部、学科の大学生、専門学校生であること
・体育施設で指導実績のある人であること

4)日本スポーツ協会スポーツプログラマー

ジム

では、続いて「日本スポーツ協会」の「スポーツプログラマー」についてご紹介します。

この資格の特徴

スポーツプログラマーとは、スポーツ医学やスポーツ科学の知識を活かして、アスリートやスポーツクラブの利用者に対して安全で効果のある運動指導を行うことができることを証明する、日本スポーツ協会認定の資格です。

スポーツプログラマーの資格を取得するうえで学ぶカリキュラムは以下の通りです。

(1)共通科目Ⅰ
・文化としてのスポーツ
・指導者の役割Ⅰ
・トレーニング論
・スポーツ指導者に必要な医学的知識Ⅰ
・スポーツと栄養
・指導計画と安全管理
・ジュニア期のスポーツ
・地域におけるスポーツ振興

(2)共通科目Ⅱ
・社会の中のスポーツ
・スポーツと法
・スポーツの心理Ⅰ
・スポーツ組織の運営と事業
・対象に合わせたスポーツ指導

(3)専門科目
・運動と健康
・フィットネス・エクササイズの理論と実際
・フィットネス・エクササイズの健康管理
・体力測定と評価
・フィットネスプログラムの実際
・スポーツ相談の実際

資格取得までにかかる費用

日本スポーツ協会のスポーツプログラマーの資格取得にかかる費用は以下の通りです。

(1)受講料
・共通科目21,600円
共通科目Ⅰ免除者は17,280円、共通科目Ⅰ・Ⅱ講習会免除者は11,040円、
共通科目Ⅰ免除・共通科目Ⅱ講習会免除者は7,140円、共通科目全免除者は不要です。

・専門科目54,000円
健康運動指導士有資格者は25,700円です。

(2)資格登録料
資格登録料は4年間で20,000円です。
また、初回登録時には23,000円となります。

この資格を取得するメリットは?

スポーツプログラマーの資格を取得することで、スポーツクラブやフィットネスクラブでプロのスポーツトレーナーとして、利用者に対して健康を保つために適切な運動のアドバイスや指導をすることができます。

スポーツクラブやフィットネスクラブに来る利用者の目的や年齢・体質・体調の状態は人それぞれで、各利用者に合った運動指導が必要となります。スポーツプログラマーの資格を取得することで、スポーツクラブやフィットネスクラブの現場で利用者のニーズに応えることができるようになる、ということがメリットです。

資格取得条件

日本スポーツ協会のスポーツプログラマーの資格取得の条件は以下の通りです。

・満20歳以上の健康な男女であること
・ウエイトトレーニングやサーキットトレーニングなどエアロビックトレーニングの実務経験が1年以上あること
・体育系学部、学科の大学生、専門学校生であること
・体育施設で指導実績のあること
・日本体育施設協会の主催する「トレーニング指導士養成講習会」を受講すること

5)日本スポーツ協会の「ジュニアスポーツ指導員」

続いて日本スポーツ協会の「ジュニアスポーツ指導員」についてご紹介します。

この資格の特徴

ジュニアスポーツ指導員」の資格は名前の通り、子どもへの運動指導をすることができます。ジュニアスポーツ指導員の資格を取得するうえで学ぶカリキュラムは以下の通りです。

・文化としてのスポーツ
・指導者の役割Ⅰ
・トレーニング論Ⅰ
・スポーツ指導者に必要な医学的知識Ⅰ
・スポーツと栄養
・指導計画と安全管理
・ジュニア期のスポーツ
・地域におけるスポーツ振興

資格取得までにかかる費用

日本スポーツ協会のジュニアスポーツ指導員の資格取得にかかる費用は以下の通りです。

(1)受講料
・共通科目19,800円(共通科目免除者は0円)
・専門科目21,600円

(2)資格登録料
日本スポーツ協会のジュニアスポーツ指導員の資格には有効期限があります。
受講申込年度を含め4年間で、資格登録料は4年間で10,000円となっています。また、初回登録時のみプラス3,000円となっています。

この資格を取得するメリットは?

今は、スマホやゲームの普及から子どもの運動能力が低下しているので、子ども向けの運動指導の需要が高まることが予想されます。ジュニアスポーツ指導員の資格があればスポーツクラブなどにおいて、幼少期の子どもたちに遊びを通した身体づくりや動きづくりの指導を行うことができます。

子どもたちが運動遊びやスポーツを通して健康で文化的な生活を送る手助けができるので、運動も好きだし子どもも好きという人にはオススメの資格です。

資格取得条件

日本スポーツ協会のジュニアスポーツ指導員の資格取得条件は以下の通りです。

・受講する年の4月1日現在満20歳以上であること
・指導者マイページから申込が出来ること

6)日本スポーツ協会アスレティックトレーナー

ジム 男性

最後にご紹介する資格は、日本スポーツ協会アスレティックトレーナーです。

この資格の特徴

アスレティックトレーナーとは、アスリートをサポートするスポーツドクターやコーチと連携し、アスリートの健康管理やスポーツ傷害の予防・ケガの際の応急処置・リハビリやトレーニングを行う役割があります。アスレティックトレーナーの資格を取得するためには大きく分けて以下のカリキュラムを学ぶ必要があります。

・スポーツ科学
・運動器の解剖と機能
・スポーツ外傷・障害についての基礎知識
・健康管理とスポーツ医学
・検査・測定と評価
・予防とコンディショニング
・アスレティックリハビリテーション
・救急処置
・スポーツと栄養

アスリートが自分の力を存分に発揮し、結果を出せるようにサポートする重要な役割を担うアスレティックトレーナーには、スポーツについての幅広い知識を持っているということが必要不可欠ですので、求められる知識も幅広くなります。そのため、難易度もかなり高い資格となります。

資格取得までにかかる費用

アスレティックトレーナーの講習、ならびに資格試験にはさまざまな場面で費用が掛かります。ここで、講習や資格についてかかる費用についてご紹介します。

(1)受講料
・共通科目19,440円(教材費別:3,240円)
・専門科目72,360円(教材費含む)
・実技試験検定料32,400円

(2)資格登録料
アスレティックトレーナーの資格には有効期限があります。
受講申込年度を含め4年間で、資格登録料は4年間で20,000円でまた、初回登録時のみプラス3000円が必要です。

この資格を取得するメリットは?

アスレティックトレーナーの資格は、難易度が高く合格率も低いです。ですが、その分資格に対しての業界の信頼度は非常に高く、資格を持っているとトレーナーとしての評価が高まります。さらに、この資格を持っていることで、プロスポーツチームやジュニア・ユースのスポーツチーム・実業団のスポーツチームなどと契約しやすくなりますので、就職先の可能性が広がることもメリットの1つです。

資格取得条件

「日本スポーツ協会」のアスレティックトレーナーで定められている受験資格は以下の通りです。
・受講する年の4月1日現在、満20歳以上であること
・日本スポーツ協会加盟団体、または日本スポーツ協会が特に認める国内統括競技団体が推薦し、日本スポーツ協会が認めた者であること

7)トレーナー資格の種類に関するQ&A

ここまでにトレーナーになるのに役に立つ資格の種類についてご紹介しましたが、まだ疑問点があるという人もいますので、ここで、トレーナー資格の種類に関するQ&Aをご紹介します。

トレーナーになりたいけど、専門学校に行った方がいいですか?

トレーナーとして資格を取得することをオススメしています。トレーナーに役立つ資格の中でも、比較的簡単で独学でも取得可能であるものもあればかなり難易度が高く、独学では難しい場合や資格取得の条件として指定の専門学校や大学に入っている必要がある場合もあります。

難易度の高い資格を取得していれば取得しているほど、利用者からの信頼度が上がり仕事の評価にもつながります。トレーナーとして自信も持って仕事をしたい・高度な指導をしたい・キャリアアップをしたいということであれば、専門学校に通って学科と実技を学ぶことをオススメします。

今回はトレーナーの仕事についてと役に立つ資格についてご紹介しました。
資格も数多くの種類があり、取得すればより多くの現場で活躍できることになりますので、仕事が充実します。ぜひ、トレーナーになりたいという人は、ここでご紹介した資格を取得してみてください。

<参考>
・公益財団法人日本体育施設協会 https://www2.jp-taiikushisetsu.jp/
・資格の王道トレーニング指導士 http://www.shikakude.com/minsikakupaje/trening.html
・日本スポーツ協会スポーツプログラマー https://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid215.html
・日本スポーツ協会ジュニアスポーツ指導員 https://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid214.html
・日本スポーツ協会アスレティックトレーナー https://www.japan-sports.or.jp/coach/tabid218.html

【比較まとめ】トレーナーに関する資格種類を解説

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka