ヨガインストラクターの資格取得に必要な費用【総まとめ】

資格を取得してヨガインストラクターを目指しませんか。でも、その資格を取得するのにどのくらいの費用が掛かるのでしょうか。お金の心配が解消すれば、後は目指すだけ。ヨガインストラクターを目指して、楽しさを世界に広げる人になりましょう。

1)ヨガインストラクターになるには

ヨガインストラクターになるには、どのような資格が必要なのでしょうか。実は、ヨガインストラクターには国家資格のようなものはありません。無資格であってもヨガインストラクターを名乗ることはできますが、そのようなインストラクターにヨガを習いたいと思うかどうかは別の話です。やはりしっかりと集客するには、専門的な勉強を行い、なんらかの民間資格を持っておくべきでしょう。

2)ヨガインストラクターの学び方

ヨガ

では、ヨガインストラクターの知識や技術を学ぶにはどうすれば良いのでしょうか。ヨガインストラクターのための必要な知識や技術を身につけるには、養成学校やスクールに通うことが近道です。ヨガインストラクターのための学校はたくさんあります。

ヨガには様々な流派があるのですが、どのような流派のヨガを学びたいか、どのような資格を取得したいのかによって選択すべき学校は変わってきます。また、ヨガインストラクターの民間資格もたくさんあります。その資格ごとに難易度や認知度も異なります。

例として、海外のヨガインストラクター認定資格としては「全米アライアンスヨガインストラクター」が有名です。ニューヨークなどの海外に短期留学して学ぶ講座もあり、学び方も幅広く選択できます。ただし、そうするとかなりの費用が掛かることにはなります。

国内のヨガインストラクター認定資格としては「一般社団法人全日本ヨガ協会」の資格があります。これら以外にも、通信販売で学ぶという方法やヨガインストラクターに弟子入りして学ぶという方法もあります。

3)ヨガインストラクターの資格取得のための費用

ヨガインストラクターの資格取得のための費用はどのくらいかかるのでしょうか。もちろん学び方によって、その費用は大きく変わってきます。「全米アライアンスヨガインストラクター」の場合だと講座の相場は150,000円〜500,000円程度となっています。

海外に短期留学して学ぶ講座の場合には、更にプラスアルファの費用が必要になります。「一般社団法人全日本ヨガ協会」の資格の場合には、養成講座の受講料は100,000円〜400,000円程度が相場です。「社団法人日本ヨガインストラクター協会」の場合は、MASTERマスター(3級)の資格費用が75,000円。ADOVAVCEアドバンス(2級)の資格費用が198,000円。SENIORシニア(1級)の資格費用が395,000円です。

4)ヨガインストラクター資格を選ぶときの費用の選び方

ヨガ

ヨガインストラクター資格を選ぶときには、どうやって費用を選ぶのが適切でしょうか。実は、ヨガインストラクター資格を取得する際には費用で選んではいけません。その理由は、安いだけで十分な知識や技術を身に付けることができなかったり、集客できるだけの信用を得ることができなかったりという事になる可能性があるからです。

ヨガインストラクター資格を選ぶときには、費用だけでは無く、学べる資格のネームバリューや養成講座の内容をしっかり吟味しましょう。そして、一番大事なのは自分自身が胸を張って、他の人に教えることができる内容のヨガであるかどうかという点です。

5)良いヨガインストラクター資格講座を見つけるためのポイント

良いヨガインストラクター資格講座を見つけるためのポイントとは何でしょうか。まずは、できるだけ少人数で講座を行っているという点を注意してみましょう。1クラス10人以下であれば理想的です。大人数の講座は、講座を運営する側からすると効率的で良いのですが、受講生にしっかりとした指導を行うことができていない可能性があります。

次に設備がやたら派手でお金を掛けているところも要注意です。ヨガは本来、できるだけシンプルな環境で行うものです。派手でお金を掛けた設備で行うのは、ヨガの本質から外れている可能性があると共に、講座自体も割高に設定されているおそれがあります。同じ理由で、広告宣伝がやたらと多いというのも心配になります。逆にホームページなどで、しっかりと詳細な情報を公開しているところは安心できます。

6)厳選!ヨガインストラクターはこの資格を目指そう

全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)

全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)は、世界で通用するヨガインストラクター資格です。ヨガの世界で知らない人はいないと言えるほどの団体です。世界的にも有名です。全米ヨガアライアンスはアメリカで設立されました。世界で最も有名なアメリカの非営利団体です。

国内では、全て日本語でレッスンが行われます。最も基本的なRYT200(Registered Yoga Teachers)は、認定校でトレーニングを15時間行い、実践技術100時間と指導技術25時間、そして解剖学・生理学20時間、哲学30時間、練習10時間という計200時間分の学習を行います。費用はスクールによって若干の差がはあります。目安としては、400,000円〜600,000円程度です。

NPO法人 日本YOGA連盟

日本YOGA連盟は、国民の健康や福祉の増進に役立てる活動を目的として設立されました。病気の予防と健康維持増進支援、指導者の資質向上と育成を行うことで社会の福祉に役立てることを目指しています。日本YOGA連盟では、認定資格の中でも最も一般的なティーチャーインストラクターを取得するために7日間インストラクター養成講座を受ける必要があります。

1日6時間ほどのレッスン受け、その中で呼吸法、東洋医学理論、経絡ヨガ体操、修正法を学習します。受講料は111,456円です。インストラクターとして働きたい場合には、インストラクター試験を受験する必要があります。その場合は、別途受験料が必要になります。

一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)

日本ヨガ協会は、ヨガを通して人々の美容、健康、ストレス解消、そしてコミュニティーを広げることを目的として活動している団体です。日本ヨガ協会で、AJYAの認定するAJYAライセンス1級または準1級を修了すると、全米ヨガアライアンスの認定資格であるRYT200を取得できることが特徴です。

受講費用はスクールによって異なります。準1級シニアクラスで約200,000円。1級シニアクラスで約400,000円掛かります。これとは別に、別途認定試験受験料が30,000円必要です。準1級まで受講すると、合計で約490,000円掛かることになります。しかしよく考えれば、RYT200も取得できるためお得だとも言えます。

社団法人ヨガインストラクター協会(JYIA)

ヨガインストラクター協会は、ワンランク上の美容、健康、ストレス解消を目的として、インストラクターの技術向上を狙って設立された組織になります。JYIAには3級マスター、2級アドバンス、1級シニアのコースがあります。インストラクターとして活動するためには、2級以上を取得する必要があります。受講料は、同時申込みをすることで割引が受けられるのですが、3級と2級の同時申込みで245,000円、3級、2級、1級の同時申込みで565,000円となります。認定試験受験料は別途必要になります。

7)ヨガインストラクター資格に関するQ&A

ヨガ

ここではヨガインストラクターの資格を取得する際の疑問にお答えします。

【Q1】男性でもヨガインストラクター資格を取得できるの?

ヨガインストラクターといえば、女性がやっているイメージがあります。でもどの団体でも、男性が受講することは可能です。もちろん男性でヨガインストラクター資格を取得してしっかりと活躍されている方もたくさんいます。ヨガ発祥の地であるインドでは、男性も多くヨガをたしなんでいます。

【Q2】自分に合う講師や流派の選び方は?

自分に合う講師や流派を選ぶためには、まず体験講座を受けてみることです。その講座の雰囲気や講師が自分に合いそうか相性が大切です。ヨガは心と体をリラックスさせ良い状態に整えるもの。そのためにもフィーリングが重要だと言うことです。頭でっかちで選んで、マイナスな影響を受けないようにしましょう。もちろん色々なクラスに参加して比較することも大事です。

【Q3】資格を取得すると他の講座に参加できない日があるかも…

本来は、資格とプログラム終了証を発行してもらうためには、全ての講座に参加する必要があるのが通常です。しかし、時にはやむを得ない理由によって講座に行くことができない日もあるでしょう。そんな時には、講座の開催者に連絡を取るようにしましょう。場合によっては、補てん授業を受講できます。無断欠席は厳禁です。

ヨガインストラクターには国家資格のようなものはありませんが、必要な知識や技術を身につけるには養成学校やスクールに通うことが近道になります。そのためにも、良いヨガインストラクターを見つけて自分が理想とするヨガインストラクター資格を取得しましょう。

【参照】

CareerGarden(http://careergarden.jp/)
ヨガインストラクターえりかのハッピーコラム(https://hotyoga-blog.jp/)
ヨガ ヴィオラトリコロール(https://yoga-viola.net/)
超美人ヨガ(http://yoga-bijin.jp/)
FITNESSConcierge(https://www.concierge.fit/)
yogaJOURNAL(https://yogajournal.jp/)
ビズシル(https://blog.coubic.com/)
TULA(https://yogatula.me/)
yogaworks(https://www.yoga-works.jp/)

フィットネス求人に関する無料相談はこちら

フィットネスコンシェルジュでは、フィットネス関連の資格・スクール・就職・転職の無料相談を受け付けています。

キャリアアドバイザーはこれまでに大手パーソナルジムや世界的フィットネスクラブでトレーナーとして働いていたので、現場をよく知っているからできるアドバイスができます。

資格・就職の無料相談はこちら

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka