フィットネス業界に特化した総合サービス未経験採用、全国の学校選び、集客ツール

BLOG

短期間で取得できるヨガインストラクターの資格は?おすすめ3選

昨今、ヨガインストラクターになりたいという人が増えており、たくさんのヨガスクールや講座が登場しています。仕事やプライベートで忙しい人は短期間でヨガインストラクターの資格を取得したいですよね?この記事で詳しくご紹介していきます。

1)短期間でヨガインストラクターの資格を取得しても大丈夫?

なぜ短期間が人気なのか

男性も女性も、日々仕事やプライベートで忙しいですよね。毎日時間を持て余している人なんてほとんどいないでしょう。そういう多忙な人たちにとって、短期間で資格を取得できるというのは魅力的です。

「何年もスクールに通って、ヨガの極意を学んでこそ一流のヨガインストラクターだ」と主張する人もいますが、短期間で取得できる講座が存在している限り、需要があるのは当たり前です。

知識や技量は長期の人に比べて劣るのか

短期間でヨガに関する知識や技術を詰め込むわけですから、長期の人に比べたら少しは劣るかもしれません。しかし、短期の講座で獲得したヨガインストラクターの資格もれっきとした資格ですし、恥じる必要はありません。

実際問題、ヨガインストラクターの資格は国で定められた資格ではないため、極端な話、資格がなくてもヨガを教えることは可能です。

よって、長期だろうが短期だろうがそこまで関係ないのです。大事なのは、インストラクター本人の自覚かもしれません。長期の人に比べて、知識や技量、経験値が劣るなと感じたら、それを補えるように資格取得後も独自で勉強を続けることをおすすめします。

2)短期間でヨガインストラクターの資格を取るメリット

例えば、現在日本で一番浸透している、全米ヨガアライアンスが発行しているヨガの資格「RYT200」があります。この200とは200時間を表します。1週間に2~3時間しかレッスンを受けれなかったら、200時間を修了するまで何年もかかりますよね?

ところが、週に5日間集中的に学んで、1か月ほどでRYT200を修了できるコースがあったとしたら、短期間で取得できるということになります。このように、もともと短期間で取得できてしまう資格もあれば、本来は長期で取得するものをグッと短期間で効率よく学び、取得するということもできるのです。

それを踏まえた上で、短期間でヨガインストラクターの資格を取るメリットをお伝えします。

メリット1:ヨガを中心とした日々を送ることができる

短期間でヨガインストラクターの資格を取得するとなると、ヨガを中心とした日々を送ることになります。仕事中も、友人と遊んでいる時も、ふとした瞬間にヨガのことを思い出し、ヨガで溢れた幸せな毎日を送れるでしょう。

メリット2:効率よく集中的に学べる

長期が向いているか短期が向いているかは人によりますが、短期だと効率よく集中的に学べます。例えば、免許を取る際に短期集中コースや短期合宿で取った人もいるかと思います。

その時と同じように、短期間で効率よく集中的に学べるのです。人によっては、長期で学ぶよりも数倍の効果を発揮するかもしれません。

メリット3:日々の成長を実感できる

短期だからこそ、日々の成長、ヨガの深まりを実感できます。前日よりもヨガに関する知識や技量が深まった自分を発見できるのは楽しいですよね。モチベーションも上がるはずです。

ヨガを団体で行う

3)ヨガインストラクターの資格は星の数ほどある

さて先ほど、日本で一番浸透しているヨガインストラクターの資格として「RYT200」を紹介しました。実は、ヨガインストラクターの資格は国で定められた資格ではなく、民間資格です。

そのため、星の数ほど存在しています。ただ、ヨガインストラクターの資格を短期間で取りたいという人は、おそらく、「将来的にヨガを人に教えられるようになりたい」「ヨガのスクールを開講したい」という人でしょう。

ヨガインストラクターとして生計を立てるためには、きちんとヨガに関する技能を学んだという証明になる「ヨガ認定資格」を取得する必要があります。ヨガインストラクターの資格は星の数ほど存在しますが、ある程度しっかりしたものを選ぶ必要があるということですね。

4)短期間で取れるヨガインストラクターの資格!おすすめ3選

星の数ほどあるヨガインストラクターの資格。今回は、その中でもポピュラー且つ短期間で取れる資格をご紹介します。ぜひご参考にしてください。

オススメ1:RYT200(全米ヨガアライアンス)

前述した、世界的に有名なRYT200。全米ヨガアライアンスは国際的な非営利組織で、世界160か国、合計4300件以上の登録スクールが展開されています。スクールによって教え方や質は若干異なり、様々なコースが存在しています。

全米ヨガアライアンスが認定する資格には、「RYT500」「RYT200」「RRYT」「RCYT」の4種類あり、最も短い時間で取得できるのが200時間を必要とするRYT200です。長期で取得することも可能ですが、自動車学校のように短期間で取ることも可能です。

ファーストシップ新宿校などは、たった28日間でRYT200を取得できたりと、それぞれスクールによって内容やコースが異なるので、ぜひチェックしてみてください。

日本で一番浸透している、最も「スタンダード」な資格です。スクールによって料金もやや変わってくるのですが、相場40~50万円ぐらいで取得できます。どれを取ればいいか迷っている人にはRYT200をおすすめします。

【公式サイト】https://www.yogaalliance.org/

オススメ2:日本YOGA連盟が認定している養成講座・資格

NPO法人である日本YOGA連盟認定のヨガインストラクター養成講座だと、たった7日間のコースで、ヨガの全てが学べます。受講後は、連盟認定のインストラクター試験を受け、難なく合格したら、ヨガインストラクターの資格GETです。7日間で集中して学べるのは魅力ですよね。

7日間というかなりの短期間ですが、ヨガの基礎から、高齢化社会に対応できるヨガまで幅広く学べます。また、スクール開講の仕方やレッスンの進め方まで教えてくれるので、実践的な内容も学習可能。料金も10~20万円と安めに設定されています。

【公式サイト】http://www.npo-yoga.com/

オススメ3:社団法人日本ヨガインストラクター協会が認定している養成講座・資格

社団法人日本ヨガインストラクター協会認定のヨガインストラクター養成講座だと、最短2週間で資格取得までできる「短期集中2週間コース」があります。全くの初心者状態からたったの2週間でヨガインストラクターの資格が取れると思うと、ワクワクしてきませんか?

これのいいところは、資格を取得後も、ヨガインストラクターとして知識や技量を磨ける講座がたくさん用意されている点です。また、社団法人日本ヨガインストラクター協会認定の教室で独立も可能です。しっかりサポートしてくれるのは、心強いですよね。

「短期集中2週間コース」はプロ養成に特化したオリジナルカリキュラム。経験と実力を備えた人気講師が担当してくれる点や、資格取得後もフォローアップをしっかりしてくれる点が特徴的です。料金は20~30万円です。

【公式サイト】http://www.jyiayoga.jp/

ヨガのポーズをする女性

5)短期間で取れるヨガインストラクターの資格に関するQ&Aコーナー

全くの初心者でも大丈夫なの?

初心者でも問題ありません。むしろ、「短期でヨガインストラクターの資格を取りたい」と思う人は、ほとんどの人が初心者でしょう。たった数週間~で全くの初心者からヨガインストラクターになれるのです。もちろん、資格取得後も自分の知識や技量を磨き続けてくださいね。

料金はどれくらい?安い?

今回ご紹介したヨガインストラクターの資格は、それぞれ10万円~50万円ほどです。どれもポピュラー且つ信頼性のある資格なので、それなりの値段はします。ただ、ある程度まとまったお金を払うだけで人生が変わると思うと、安いもんですよね。

ヨガインストラクターの資格が取れたら成功する?

ヨガインストラクターの資格は星の数ほどありますが、どの資格を取得しても、成功を約束するものではありません。資格を取得することで、将来的にスクール開講が可能になるかもしれませんが、人に教えながらも一生ヨガを学んでいく姿勢は忘れない方がいいでしょう。ヨガは人生そのものなのです。

 

ヨガインストラクターの資格は短期間で取得できる。

全くの初心者から数週間でヨガインストラクターになることが可能

ヨガインストラクターの資格は星の数ほどあるので、ポピュラー且つ信頼性のある資格を選んだ方がいい

短期で資格を取得後も、一生ヨガを学んでいく姿勢を忘れないでおこう

 

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka