ヨガインストラクターの資格を合宿で取得!その内容と実態とは?

ヨガインストラクターの資格を合宿で取得!その内容と実態とは?

ヨガのインストラクターになりたい、しかし時間もない。長年ヨガのレッスンを受けているので、一通りのことはできるようになっていて、今後は指導方法などに限って勉強したいなどなど、インストラクターを目指している人にとっては合宿による資格取得は魅力的な方法です。ここではそんな合宿で取得するヨガ資格の内容を紹介したいと思います。

1)ヨガインストラクターになる方法は?

さて、そもそもヨガを指導するインストラクターになるにはどういう資格を取ればいいか、簡単に説明したいと思います。

全米ヨガアライアンス協会のRYT200を取得する。

ヨガインストラクターになる場合、一番オーソドックスであり、世界で一番権威のある団体の資格で、200時間の講習を受けると取得できる資格です。全米ヨガアライアンス協会の日本の支部に行くか、提携している日本の団体で取得できます。上位資格にRYT500などがあります。

日本のヨガの団体で日本独自の資格を取得する

全日本ヨガ協会(AYJA)・日本ヨガインストラクター協会ジャパンヨガカレッジなどの団体で資格をとってインストラクターになる、全日本ヨガ協会(AYJA)で1級Seniorを取得すると、RYT200の取得を認定されます。

こういった、日本の団体独自の資格を取得しても、インストラクターとして指導できます。
実際は、インストラクターになるには資格はいらないのですが、正しくヨガを学んだインストラクターとしての信用が得られ、生徒に対して自信を持って指導ができます。

合宿によって取得する

この記事の主テーマであり、合宿によってヨガインストラター資格を取得する方法です。離島に行ったり、海外でみっちりとヨガの勉強をしたり、郊外の宿泊施設でみっちりレッスンを受けるという方法も取られたりします。

運転免許などと違い、国家資格はありませんので、終了あとに国家試験を受ける必要もありません。そのまま、スポーツジムやヨガインストラクターの求人に応募して採用になれば、晴れてヨガインストラタクターとしてデビューできます。

2)ヨガインストラクター合宿での資格取得のススメ

ヨガ 女性

ヨガインストラクターの資格を短期間で取れるので人気の合宿、まるで運転免許合宿のようなシステムではたして本当に指導できるようになれるのでしょうか、そう言った部分も含めて解説します。

合宿取得という方法を解説

ヨガインストラクターになるために一番オーソドックスなのは、全米ヨガアライアンス協会のRYT200の取得ですが、このカリキュラムは文字通り200時間のプログラムを修了する必要があります。

HP上で検索したところ、このカリキュラムにはだいたい3か月程度かかりますが、もっとも短いパターンで、1.5か月というものもあります。3か月だと、週に6日通って1日3時間程度で200時間こなせますが、1.5か月だと1日8時間と、かなり厳しい内容のカリキュラムになります。

これだけ通うのはかなりしんどいですが、資格をとるには200時間というカリキュラムをこなす必要があります。合宿だと、食事と寝る時間を除いてどっぷりヨガの講習に当てられるので、1日12時間こなすとだいたい17日ぐらいで取得できます。

これより短い場合は何か細工されていたり、時間の計算に問題がある可能性があるので確認が必要です。

合宿という短期間で本当にインストラクターになれるのか

ヨガのインストラクター資格を合宿で取得することと、生活の中でスクールに通って取得することに資格をとる上では、差はありません。

RYT200にしても、認定スクールであればその内容は任されているので、統一したカリキュラムは存在しないそうです。時間数が決まっているだけなので、認定校ならどこでも同じというわけではありません。

内容を選んで自分の目指すヨガインストラクターになるために必要だと思うスクールを選ぶ合宿の内容で選ぶということになります。RYT200でない場合も各団体の独自のカリキュラムなので、やはり同じくスクールを選ぶように、合宿の内容で選ぶことになります。

ですから、合宿でもスクールでもインストラクターとして必要ものは得られます。

スクールではなく合宿

合宿がなぜ人気なのか、それは金額的なこともあります。実際に合宿にかかる費用は、滞在費込みで30万円〜70万程度が相場となります。スクールによっては滞在費が含まれていない場合もありますが、含まれている場合はお得になります。

これは、ヨガの本場のインドであったり、東南アジア諸国で、物価が安い地域で実現できています。昔の話ですが、インドに慣れていない場合は、少なくとも100円以上のお金を払った食事を食べないとお腹を壊すということが言われていました。
南インドでミールス というごく普通の食堂で出されている定食は100円〜150円ぐらいで、食べられます。ですから滞在費を込みにしてもやっていけますが、これがハワイなどであったりすると、まず無理なので、滞在費は別になるケースが多いです。

しかし合宿のいいところは、第一にヨガに没頭できること。昔の修行僧のように、寝ても覚めてもヨガを学ぶ時間が出来るのは、合宿に行った時ぐらいだと思います。世俗を離れてヨガのことだけを1日中考えているイメージです。

副次的なものとしては、観光できたり、外国に行って生活してみたいなどという希望がかないます。休みが取れてその費用が出せるのなら、合宿での資格取得はオススメです。

3)ヨガインストラクター合宿で取得するメリットとデメリット

芝生 ヨガ

ヨガインストラクター合宿について、メリットとデメリットを簡単にまとめてみます。

ヨガインストラクター資格を合宿で取得するメリット

短期間でインストラクター資格を取ることができる
・海外で資格を取得することにより、インストラクターとして箔が付く。
・合宿ではなく、留学と表記している場合も多く、短期間と言っても1か月以上の場合もあり、ヨガ留学したと言うことができる。
・国内・国外ともに自然を感じられる場所でのレッスンが多いので、世俗を離れてヨガに没頭できる。
スクールでも50万以上かかる場合が多いので、滞在費を考えてもお得に取れる場合が多い
・とにかく海外に行ってみたい人にはオススメ。

などなど、メリットがたくさんあります。

ヨガインストラクター資格を合宿で取得するデメリット

合宿で取得するデメリットを見てみましょう。

・海外の場合、アジア地域が多いので、食べ物など合わない場合がある。
・少なくとも2週間以上、場合によっては3か月ぐらいかかる場合もあるので、それだけまとまって休みが取れないと行けない。
・言葉の問題があり、語学に不安がある場合は参加が難しい。
・海外での資格取得の場合、日本ほど治安がいい国はないので、一人で海外で過ごすのに不安があると参加できない。

デメリットはどちらかといえば、カリキュラムなどの内容よりは海外での生活に不安があると参加できないなどになります。
そういう場合は、国内の離島での取得やリゾート地での合宿などもありますので、そちらをオススメします。

4)ヨガインストラクター合宿のさらなる魅力

ヨガインストラクターになるための合宿を見てきましたが、時間が短期で済むなどの合理的な理由をたくさん語ってきました。しかも合宿での資格取得の魅力はそれだけではありません。世俗を離れ、家事や仕事など雑事にわずらわされずに、ヨガの習得だけに集中できることは素晴らしい経験になります。

また、寝食ともにして、学んだ仲間はなかなか得られるものではありません。これらの点を考慮しても、もし機会があるなら、合宿にトライすることをオススメします。

5)ヨガインストラクター資格合宿についてQ&A

ヨガインストラクターになるための合宿について、さらに突っ込んだ疑問にお答えします。

【Q1】ヨガインストラクターの短期合宿で本当に資格が取れるのでしょうか

全米ヨガアライアンス協会のRYT200を例に取れば、200時間のカリキュラムをこなせば認定されます。その時間を寝食以外の時間どっぷりとヨガにはまることができるいい機会であるとともに、正式に認定されるので、資格も取れます。

【Q2】ヨガインストトラクターになるための合宿はやはり海外がいいですか?

ヨガインストラクターになるための合宿=留学という意味合いでは、本場のインドに行ったり、フィットネス大国で現代ヨガの中心とも言える、アメリカに行くのもいいと思います。ただ、語学力の関係や生活環境などなど、渡航するのにハードルがある場合は国内でもいいでしょう。

海外の魅力はたくさんありますし、インストラクターになり留学経験者として語る言葉は生徒の心に響き、指導にプラスになります。

【Q3】海外合宿って危なくないですか?

海外合宿について、ヨガのインストラクターを目指すのは女性が大半なので、安全面などは非常に考慮されていますが、用心するに越したことはありません。使っている旅行社やエージェントが信用できる事や、宿泊先やレッスン場などが事前にきっちりと公開されていることが重要です。

また、大手のスクールなどでずっと合宿を手がけているところもありますので、そういうところが主催している場合は安心です。
あとは通訳がレッスンに居るのかなど、語学面のフォローについても確認する必要はありますが、多くの日本人が参加している合宿なら安心できるでしょう。

ヨガインストラクターの資格を合宿で取得することを解説してきましたが、いかがだったでしょうか?ヨガが好き、海外旅行が好きという人にはうってつけで、インストラクターになるならこれしかない!と思う人もいると思います。

しかし、それを生かすのはその後のインストラクター活動でもありますので、海外での経験を生かしたいいインストラクターになられることを祈ります。

<参考>
【Tonoel】
【livewell institute】
【道】
【ECLORE YOGA】
【Yoga Retrent Village kSaNa】

ヨガインストラクターの資格を合宿で取得!その内容と実態とは?

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka