ダイエット講師とはどんなお仕事?必要な資格5種類比較

ダイエット講師とはどんなお仕事?必要な資格5種類比較

人はなぜ太ってしまうのでしょうか?実はダイエットは「正しい食事」「効率のよい運動」「強い精神力」の3つがバランスよく整ってはじめて効果的に行えるのです。今回は、ダイエットの正しい指導してくれる「ダイエット講師」の資格とその仕事について紹介します。

1)ダイエット講師は、どんなことをする人?

ダイエット講師の仕事は、クライアントに対して「食事」「運動」「心理」の3つについて、ダイエットに必要な正しい方法と知識を教示しなくてはいけません。そのためには、ダイエット講師が身につけておかなければいけない、最低限の知識を講義で学び身につけることが必要です。

またダイエットの情報は日々更新されていきますから、ダイエット講師も日々研鑽を積んでいなければ、クライアントに正しいダイエットを指導することはできません。まずは、正しいダイエットを行うための「食事」「運動」「心理」について解説していきます。

【1】食事の量を減らすだけでいいの?

ダイエットは「日常の食事」という意味です。健康的に痩せるためには、栄養バランスの取れた食事をすることが大切ですが、ではその栄養バランスの取れた食事とはどんなものなのでしょうか。

栄養バランスの基本は「エネルギー源」「タンパク質源」「ビタミン・ミネラル源」の3つです。ダイエット講師は、この3つの栄養素を、個々のクライアントの状態を見ながら摂取量を考えていきます。

【2】運動はどんなものが効果的なの?

まずは現状がどうなっているのかを確認してから運動を始めましょう。「体重」「内臓脂肪レベル」「皮下脂肪」「バスト」「ウェスト」「ヒップ」「体脂肪」「運動量(一日の歩数等)」などです。これらを記録して変化を見ていくことで、モチベーションもアップします。ダイエット講師は、これらの数値を参考に基本的な食事や運動方法を提案します。

脂肪の燃焼に効果的な運動は「有酸素運動」です。なかでも簡単に出来る「ウォーキング」や「ランニング」などの運動を、クライアントの体力に応じた量を決めていきます。

次に筋肉トレーニング(以下筋トレ)です。筋トレは有酸素運動の後に行うと、脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエットに効果的です。また、体内に酸素が多く入ることで、筋肉の柔軟性が増し、筋トレ後の筋肉痛予防にもなります。ダイエット講師の指導で無理のない範囲で行ってください。

【3】好きなものを食べたいし、運動も面倒くさい

最初はやる気満々で始めたダイエットも、日が経つにつれ気力が失せてしまいがちです。ダイエット講師は、クライアントがこのような状態になってしまった場合、心理学を応用してアドバイスを行います。

心理学の中に「応用行動分析学」という分野があります。これは、アメリカの行動心理学者バラス・スキナーが考えた心理分析のひとつで、次のような4つに分かれています。ダイエット講師は、これらを参考にクライアントのモチベーション維持に努めます。

(1)ゴールを示す
目標を数値化する。数値化することで具体的な目標が見えてくる。

(2)行動を観察する
体重や脂肪率などの目標値を決めたら記録を付け、今どのくらいで、後どこまでを明確にする。

(3)求める行動を強化する
褒めたり、励ましたりすることで、ダイエットへの行動意欲が自然と高くなるように刺激を与えます。「ご褒美のお菓子」もこれに当たります。少量ならモチベーションアップに繋がり効果的です。

(4)望ましくない行動へのインセンティブを削減する
これは(3)と逆の考え方で、目標を達成した時は貰えるものが、達成できないときには貰えない、いわゆるペナルティを課すようなものです。極端にやらなければ、短距離な目標になって効果的でしょう。

2)ダイエット講師になるにはどうすればいいの?

腰 メジャー

ダイエット講師として働くためには、民間団体が開いている講座を受け、試験に合格する必要があります。各団体ごとに「ダイエット講師」「ダイエットインストラクター」「体重管理指導士」など名称はさまざまです。その中からいくつか資格認定団体を紹介します。

【1】日本ダイエット健康協会

ダイエットの指導をすると一言で言っても、「運動」であったり「食事(栄養)」であったり「メンタル」だったりとさまざまですなアプローチ方法があります。日本ダイエット協会インストラクターは、一つのメソッドに固執すること無く「健康的なダイエット」を最終目標としたダイエット指導者を目指すインストラクターとなります。

【2】キャリカレ

キャリカレダイエットインストラクター講座なら、経験を積んだプロのパーソナルトレーナーからダイエットの正しい知識が学べます。インターネットや女性週刊誌では身につけることが難しい、ダイエットの神髄を体系的に学習できるから、リバウンド続きのダイエットからも卒業できます。より健康的に美しく痩せる身体作りのメソッドを身につけられます。

【3】体重管理指導士

エステ、フィットネス、代替え商品・・・体重を落とすための手法は、世にたくさんあります。それらを活かしきれるかは、指導する人の力量次第です。体重増減には、明確な医学原理と指導原理指導のカウンセリングトークがあります。それれらを習得しておけば、ダイエットの成功法カウンセリング手法医学的に役立つ栄養成分を取得した上で、ダイエット指導のテクニックを身につける事ができます。

【4】フラクタル心理学美容・健康コース講師

フラクタル心理学で脳の錯覚を取り除き、美と健康を作ることに特化したコースを指導する講師です。

3)ダイエット講師になるための講座比較

サラダを食べる 女性

ダイエットを指導するためには、「正しい食事」「効率のよい運動」「強い精神力」の知識や方法を自分自身がしっかり身につけておく必要があります。そのためには、先に紹介したような団体の講座を受ける必要があります。講座ごとにさまざまな特色がありますので、それをここで比較してみましょう。

【1】日本ダイエット健康協会

3つの要素をバランスよく学べるのは、日本ダイエット健康協会でしょう。出版物や著名人の資格取得者が多く、この資格に最も力を入れている団体といえます。

【2】資格のキャリカレ

キャリカレは、日本ダイエット健康協会と同様に各要素をバランス良く学ぶことができますし、また通信教育で時間に拘束されずに勉強することが出来ます。

【3】一般社団法人日本健康教育振興協会

体重管理指導士は、医学的な側面からダイエットを考察しているのが特徴で、身長発育指導士予防医学検定なども行っています。

【4】フラクタル心理学協会

心理学によるダイエットに注力した講座で、他の2つの要素を脳の働きにより積極的に考え、行動させていくことを目的にしています。

【5】講座を選ぶポイントは5つのポイント

(1)資料を取り寄せ、カリキュラムが目的にあっているか比較検討する。
(2)受講料等の費用が、自分の経済状況にあっているか
(3)資格取得者の就職状況
(4)難易度
(5)見学に行ってみる。

詳しい受講内容や費用、会場などは、事前に各団体に直接問合せるか、ホームページで確認してください。

4)ダイエット講師に関するその他のQ&A

ここではダイエット講師についての質問にお答えします。

【Q1】ダイエット講師の資格取得の難易度は?

ダイエットの方法を理解し、知識を得るのは簡単なことではありません。しかし、テキストや他の教材をしっかり学習することで、試験に必要な知識は身に付けられます。試験もふるいにかけるものではなく、今まで学んだことを確認することが目的ですから、それほど不安になる必要はないでしょう。

【Q2】ダイエット食で気をつけるのはカロリーだけですか?

ダイエットで重要な要素は「食事」と「運動」と「心理」の3つの要素がありましたが、香りも重要な要素のひとつです。香りはダイエットで疲れた気持ちと体をほぐしてくれるでしょう。例えばレモングラスなどは、疲労回復や健胃作用、気分を高める効果があります。

【Q3】脂肪を燃焼しやすくする方法は何ですか?

有酸素運動は脂肪を燃焼させるために効果的ですが、さらに脂肪燃焼を促進させるために、運動前にコーヒーや紅茶などでカフェインを摂取するのがよいといわれています。カフェインを摂ることで、筋肉中のグリコーゲンよりも貯蔵脂肪が優先してエネルギー源として利用されるので、持久力や運動力もアップされるからです。

ダイエットが成功しない人の多くは、しっかりした知識がないまま、はやりのダイエット方法に手を出し、リバウンドや心的障害を起こしてしまいます。ダイエットを成功に導くためには知的要素が欠かせません。太ってしまう原因やメカニズムを理解する事、また時には客観的に効果を評価してもらうことが大切です。自分の生活習慣を見直し、それを分析して効率的なダイエットを行うために、専門的な知識を持ったダイエット講師に相談しましょう。

<参考URL>
・日本ダイエット健康協会
・フラクタル心理学協会
・資格のキャリカレ
・一般社団法人日本健康教育振興協会

フィットネス求人に関する無料相談はこちら

フィットネスコンシェルジュでは、フィットネス関連の資格・スクール・就職・転職の無料相談を受け付けています。

キャリアアドバイザーはこれまでに大手パーソナルジムや世界的フィットネスクラブでトレーナーとして働いていたので、現場をよく知っているからできるアドバイスができます。

資格・就職の無料相談はこちら

ダイエット講師とはどんなお仕事?必要な資格5種類比較

いいね!を押して、ダイエットの
最新記事を受け取ろう。

tanaka

tanaka

tanaka